旅の移動はヒッチハイク。
いつもどこでも。 ありがとうございます。
お世話になりっぱなしです・

。。。
天河神社への山道を
快く 車に乗せてくれた方と
車中で想わぬスピ話。
島根で整体師をされているそうで 
とっても氣が良すぎ!すてき!
おはなしできて。嬉しかったです。

天河神社への参拝後の旅予定。 
何処へいくのか 風任せ~♪
空っぽー♪  だったのだが。。。
嗚呼 此処へおよび下さったのね・

車中でおはなし下さった・三輪山。<HP大神神社
(あの方は言伝使者でした。)

三輪山。

聴いたこともなく。
行くつもりのなかったお山。
其処がこんなにも縁のある地だったとは。
呼んで下さって ありがとう。

Remiwa1.jpg

その日は快晴。
参拝の方は 少なく。
たっぷりと 味わいながら 歩く。

境内は 途中いくつもの御社や
いわれある石が祭ってあり。
薬の道。とか 気になる横道がかしこに。

Remiwa.jpg

今までそんなに龍蛇を意識したことはないのだが
この旅では よく蛇をみる。岩陰の龍蛇族をよく見かける。
この大きな木もただならぬ神氣。
ひかりいっぱい。

山方へ向う道。
池を囲む弁天様の御社。
市杵島姫命だ。 そうそう 厳島3女神。此処にも。
なぜか 卵をもっていたので 供える。

一番奥に狭井神社があり。
あまくてうまい水をいただく。
お清めを済ませ。
  大神神社の御神体である やま 。
  神の懐に入れて頂く。

  驚くべき ひかりの杜。
  土が地面が 金色なのよ(泣
  
光線の技巧かもしれぬが。
きらきらとひかる その杜は。
静かに 待っていてくれたことを
知らされる。
泣きながら歩く道(美音おんぶ)

わたしが なぜ此処にきたのか。
こころに 響く。落ちる。

この旅。この祈りを。
ひかりの道を歩くこと。
全身で体現し。わたしへ。みんなへ。
お使いくださいと。

それを 自分に許可するために。
許可いただく為に 此処にいるのだろう?

今 瞳にうつる 景色は。
内面を映し出したもの。
ならば ひかりの道を創造する。

そんなおはなしを したような氣がする。

途中の清水に触れ。
子どものように 泣きじゃくる。
いつも ひとりぼっちだと 想っていた。
どこにいても。誰といても。
近くても遠くても。。 
いつも 傍に否・全てを包み込んでいてくれたのに・
大きすぎて わかりませんでした。

山への懐古は。
自分自身への内なる巡礼。
還る木霊はちいさな私たちへのelle。
山 いっぱいに 響き渡る。

Remiwayama.jpg

界結。
倒れ蝉は 結びを超えなかった。

 護られる境地。
 何人も踏み入ることができぬ古郷。深い淵。 

歓迎を受ける。 
全身で祝福する。

すべてを 今 祝福する。

2012_07_18

天河神社

category: 弁天様  

天河ha

天河大弁財天社
http://www.tenkawa-jinja.or.jp/
7月17日の宵宮祭に参加させていただいた。

宮司さんのおはなし。
奉納の舞台は 流石 芸能の女神様。贅沢な時間。
五十鈴の巫女舞や 山や河分け隔てることなく神仏習合なので 
修験道の方達の護摩も体験。
白煙は 青い夏の空に山に のぼっていく。 


Re天河浄化

姫と 入水。
いつでも はだかんぼうです。(笑
弁天様(サラスヴァーティ)に導かれ ここまで やってきました。
感謝で いっぱいです。

と そこへ・・・
「水に浮かんでみて!」の 響き。
自分を取り巻く 感情の渦が さらさらと
水に溶けていくのが わかります。
自分のもののようで
自分のものでは ないもの なんだ。
ただ 巻かれているだけ・。
悲しみも怒りも いっぱいに味わったから。

もう 解き放っていい。
水に こうして 

波紋のように  解いていけばいい。

感情の手放しの方法を 美しい天河の龍と サラスヴァーティに 
教わりました。

ありがとう。いつも。


・・しかし
どこまでも 体感型です。(&景色も重要!)
近所のたこさんプールではダメなのね。(笑
贅沢すぎる私。






2012_07_17

厳島

category: 弁天様  

厳島神社。HP

船で向うこの島への 景色は清清い。
ただならぬ 脈動。
深い緑色の龍に 守られた稜線。

この旅が大きな変換の旅になると
知らされていた。から。

Re,oyazimamion

Remiyazimabutai.jpg

流れる時を超えて。
この舞台は ずっと。
神々と人と隔たることなく
宴・舞い喜戯れる。 
ひかりがこぼれる。


Remiyazimaryu.jpg

大願寺。
弁天様はこの朱塗の回廊をぬけたところにある。
龍の泉湧く。御心湧く。
 実は弁天様のことをほとんど知らない。
 サラスバーティと 夢であうだけ。
 琵琶を奏でる穏やかなお姿と
 八つの武器を持つ荒々しいお姿と(習合とかいう)
 2つのお姿。というお話を聴く。
 また ひとつ あなたのことを知ることができました。

島全体が 神氣に満ちて。
観光の方も多し求めている。満ちている島。
広島の山中の鳴滝をたずねた時と 同じ。
凪いだ海。浜は 桃色のやさしい光の砂。
   やさしい。 ここから はじまっているのだな。
   もう浄化が完了しているのかな。

 なつかしい竜宮。
 瀬戸内の島々に呼ばれている。

今度 もどるときは
山の上に在るという。
宇宙の飛行岩まで いきたいな。 ありがとう。

2012_07_16


06  « 2012_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top