福島いわき山の中。
御先祖様のお墓参り。
地震の被害で 墓石はめちゃくちゃ。
とても人力ではなおせない。
それでも。
昨年は御参りできなかったので 
また こうして手向けさせてもらって・。
心から うれしい。ありがとうございます。


帰り道。
お世話になっていた 農家さんから
かぼちゃやらぴかぴかの夏野菜やら 
車に詰めないくらいいただいた。
「東京の人は此処のものなんて
食べてくれないのかと 想った」 
正直に話してくれた その言葉に胸が詰まってしまった。

・・・

私も此処まで いろんな想いを通り・迷い道もとぼとぼ歩いた。
やっと。
今のこの状態まで 
想いをきっちりと落としこめたのだ。
だって 未来のことなんて 
誰にもわからないのだから。
心配することを やめた。
これは ちっともあきらめぢゃなくて。
信じることにしたんだ。

・・・

そんな言葉を言わせてしまって。すまない。
こちらこそ。 
いつも いっぱい ありがとうございます!


Reiwakiryu.jpg

海沿いはZERO更地と瓦礫山と。
まだまだ 時間と人手は いるよう。
海岸線沿いを 感謝といのり。
龍雲が 喜んでくれたよ。

少し南下した ひたちの海は。
真っ白な浜。。夏っぽいっ!


iwakisea.jpg

Reiwakisea.jpg

この旅の祝福を。

Reyuhi.jpg

意味なんて。 ないのかもしれない。
ないかもしれないことに。
振り回されるのは嫌だけど。
ひとつひとつ。
巡ることで。
この生を昇華させてゆくことができるなら。
意味だって何だって くっつけてしまおう。
人それぞれの やり方。

私は この一生を 最高に祝福したい。
だから。 
理由も無く大げさに意味をくっつける。
にぎやかがいい。(笑

2012夏。。





2012_09_10


松の葉間から斜陽。

今年に限らず 氣づくと
島ばかり巡っている。
完成されている美しさがある。
日本も島国・
大きな海に浮かぶ 私たちの大地。
いつからか。
その偉大さを その小ささを
忘れてしまったのだろう。 

今なら。。
だから。もう一度。。。


matusima.jpg

時間があるので
瑞巌寺へ。<HP
独眼流政宗の住処。(三日月なのか牛族なのか。不明ね。)
硯石の巌屋が見事。(住めそう)

境内の苔光る杉林。。
一番奥の杉の木まで 潮の水が満ちた。
海水を吸った杉達は
立ち枯れする前に倒すらしい。
再生しないのかな。みんな護ってくれてるのに。
素人的にはそう想ってしまった。
細いけど100年は優に超えてる
。記憶。

_zuigannzi.jpg

ここから 福島へ南下。
磐梯山:小野川胡。
昨年も参加させてもらった
みどりの元気キャンプへ。
美音連れてるので役には立たないので
ボランティアとは呼べないが
懐かしい仲間たちに 森に会いに行く。
尊敬する熊G。。僕と握手。
子ども達の緊張は一瞬で解けちゃう。流石です。


_midorikyanpu.jpg

冒険キャンプなので
すごく高い木登り。沢登り。
いろんなことに挑戦してゆく。
あきらめずにやってみる。
ちゃんと 自分と向き合う為の練習。
他者を受け入れ。見守りあう。
スタッフも
サポートの仕方から心理面でのフォローまで
事前に研修を重ね重ねてこの日に望んでいる。
みんな最高にすてきな人達ばかり。 


mionhukusima.jpg

kinobrihukusima.jpg

誰かの為に。
させてもらえる相手がいること。
想いのその先に。あなたがいてくれること。
ありがとう。
自分の事ばかりで 生きているわけではないよ。
誰かさんがいるから 何だってできる。
今日も 誰かさん に生かされている。


onogawako.jpg

小野川胡はその森は
今年も美しい。

また 会いにいきたい森。

2012_09_10


夏はあっという間。
夏色を探しにゆこう。


まずは 陸前松島へ。<HP
震災痕残る地と覚悟して訪れたのだが
見える箇所は ほとんど みごとに復興し 
観光の方も 山盛りだった。(驚き/人間ってすごいな感動の嵐。)
湾に浮かぶ島々が 波から護ってくれたのだそう。

五大堂が有名だけど
目指すは 福浦島。朱塗りの橋を渡ります。

urasimahasi.jpg

竜神様に御礼を参り、
龍の御腹のような岩坂を降りて 
ひみつの海辺へ。


urasimaonaka.jpg

水面がまぶしいよ。

urasimabiti1.jpg

_urasima.jpg

urasimabiti.jpg
ここは 何処の国なのか
わからなくなる別天地。
ちいさなぽこぽこ島々は 神々の吐息のよう。
美しさで瞳霞む。
ありがとう。
余所者ですが この景色に出会えて。
この景色に加えてもらえて うれしいです。
・・・
この夜は 丁度御盆送り火。
灯篭流し。
たくさんのたくさんの光・海の波間に見え隠れ。
自由の海へ。
どうぞ  魂の旅を続けてくださいね。
ありがとう。


_hanabi.jpg

この夏は何度 花火を観た事か。。
宙への祝福。生命の産声の様。
それは美しすぎる共震・。

明日は瑞巌寺へ。

2012_09_10


08  « 2012_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top