めぐる旅のくくり。
御伊勢さまをお参り。
伊勢神宮内の聖河で清める。
この河に会いにこれただけで 
満足うれしい。
うらら。たまゆらら。


_kawa1.jpg
_kawa.jpg
isehi.jpg
水神岩さま・風神さま・天照さま・荒御霊。
いくつもの gateをくぐり
鳥居や古代杉の洞の間。 
それは 儀式のよう。

    
   社内をいつものように
   撮影する氣にはならず。
   ご報告用写真はないの。
   
こんなふうに。
木樹も神聖を放っている。
そこここに きらきらがあふれている。

 


  みんな まぶしいよ。


・・・
この めぐりの旅にて持ち帰った
エネルギーとおくりもの。

 「うまれ変わる。」

この日常に在りながら。。。

それは そんなに難しいのかな?

朝 おひさまがのぼり おひさまが沈むように。
一日のなかでも遍。(はじまりとおわりと仮定せずとも)
28日道。おつきさまはひろがり満ちてく。かけら。 

毎日。うまれかわっている。
あたらしい 私たち。。

変わり続けているのだ。

ものすごい変化のスピードの只中に
今 私たちはいるのかもしれない。
それを ひしと感じる。

だからこそ。
この移ろい遍く小宇宙 日常を。
毎日の中での うまれかわりを
大切にしたい。 



その すこし伸ばした指先に。。。


yuhi.jpg

「行ってみたかった。」と 想っていた場所に
「やってみたかった。」と ずっと想っていた事に
こわいものなんて なんにもないのだ。

私たちが めざし、進んでいる未来も。
私たちは ずっと夢見て、どうしても行ってみたかったんだ。


希望の地へ。 

踏み出そうとしている。 

うまれかわることに。異論なく。  手を挙げる。





巡る旅を
ありがとうございました!
みんさま お世話になりました!
次は何処へ呼ばれるかな(笑 
さてはて御楽しみ(笑


ありがとう。。 kuu・

2012_10_28


伊勢神宮参拝の日。
なんとyoyaさん誕生日♪最高の祝福。
美音からの おめれとう!card。
かわいすぎる!! yoyaさんおめでとう!
いつも ありがとう。

omereto.jpg
hasigo.jpg
お空からも祝福の梯子が。
龍もひゅんひゅんしてる(笑

・・・
伊勢神宮に関して 
なんにも調べてこなかった私。
外宮・内宮くらいは知ってる。
けれども 無理せず 導かれるままに。
が 家訓なので(笑 

今回は 「おひさまのお2人にお任せコース」
どこへ導かれるのかな。わくわく。  

はじめに。
オウム岩。眺め最高山の上。
天岩戸は 本当はここではないか?とも
云われているそう。
御祭されているのは まさかの玉依姫命。
大きな石。紫色の発光・
玉依姫は龍神系・
人と龍を繋いだ方。育ててくださった方だと 古事記にある。
私にもご縁深い存在。ありがとうございます。

tamayori.jpg

オウム岩は 反響岩。
神様達が ここで囁き 下界へと伝わっていく。

私たちのちいさなちいさな産声は
やがて世界へと響きわたる。
産まれる前に 
私達がどんなことを 人間として感じたいのか。
どんな舞台を。演じるのか。 
そんなことを ここで 神様と相談したのかもしれない。

つまり・
全部まる聞こえなのだ(笑


huu.jpg

天岩戸神社。 
岩戸から 沸き出づる。御水を頂く。
虹石も・地球石も。 御水で浄化。
森を抜けると 風穴が ある。
静かにけれども 強烈なエネルギー。(少し酔う。)

御伊勢さままで つながっている。
此処からも 胎動のような。
女神GAIAの子宮のような。 音がする。
懐かしいが、 篭る感はなく。
開かれている。

風が 「さあ いけ!」 と背中をおしてくれる。

ryu.jpg

ひかりの玉を 森に送る。
ありがとう。 

天岩戸は開かれる。

2012_10_24


山奥から山猿とおっきな龍を背負い(笑
友人宅へお邪魔する。
江戸から
伊勢神宮まで30分の住処へ越した。

ダンサーと歌姫。だいすきな おふたり。
おひさまみたいな。
まぶしすぎて美しすぎて (いつも直視できないんだ。)

伊勢神宮前夜の宴を共に。ありがとう。
何よりも贈り物。
 
私がまだ若い頃 どうしても生きてるってことに
素直に慣れなかった。(今もひねくれモノ。パンク笑)
そんな時 彼のおひさまみたいな ダンスに。
私は 救われたのだ。
生きてるってことが そんなに楽しいのか?
と逆に吹きだし笑いでお尋ね申したくなるぐらい。
人間として 真正面に文字通りいろんなものに体当たりで生きていく
彼そのものの 喜びの舞に。
どんなに。。 

生きる勇気。 って・
今文字にしてみると 驚く。
生きることに 勇気が必要な時があるのだね。

そんな。生きる勇気を。
私は 彼から受け取ったんだ。

だから。
人間でいることが こんなにうれしい。


巡る旅。
自分の核の部分。

ご機嫌な過去を。 
巡っている。  巡るだけでいい。

ありがとう。









2012_10_24

那智の滝

category: めぐる旅  

たっぷりと満ち。
お母さんの御腹からでてきた 私達は・
目的地 那智の滝へ。
その前に 
南方熊楠が間借りしていた元旅館の果樹園へ
寄せていただく。
お父さんが 種のないみかんは 鏡餅上に乗せてはいかんのぢゃ。
と説明してくれる。子孫繁栄。子宝宝珠。
敷地内を抜けて熊野古道入ル。 


meoto.jpg
  
GATE夫婦杉。
古道巡礼は次の機会に。よろしくです。


zyou.jpg

昨年から重なるゲリラ豪雨で
杉森が薙倒され 石の滝、巨石の河のようになっている。
いくつもの集落がそこに・。影もない。
人間のちっぽけな感情では図れるはずもない。
大地の自然の大きさ。
道は舗装されなんとか通行できるが 
ここまで修復たいへんだっただろう・。

到着。


nati 1
nati2.jpg

青すぎる空。
ここはハワイアカカ?想うほどの青さと瑞々しさに祝福され。
那智の滝に。龍に再会。

ここからみんなへ。
大好きな地球へ・宇宙へ。隔たりなく ひかりとなる。
巌の上瞑想。

はじめての呼吸する。


・・・
ずっと護っとたんやで。
(関西弁なのが笑えるぢゃないか。)

白くおおきなたまごを大事に抱く 青龍。

独りではなく。
みんな いるよ・。 sparkはじける。

とめどなく流れ続ける
はげしさに。その潔さに 私たちの今を。生命を観る。
この唄を唄う。 少し切なく。希望にあふれる。

natiryu.jpg


私達は まだ怖がっている。
殻を破ることができずに いる。

まだ母の懐に。
まだ 準備ができていないのかな。


もう。すぐ。

natiryu1.jpg

生まれるよ。
2012_10_24


巡る旅を。
ありがとうございます。

毎度のことですが、
何故その地に呼ばれるのかは
行ってみないとわからず。
そして 行ってみても 
やはり わからないものです(なんじゃい笑

旅は。
あっという ひと時ですが、
その余韻は、その波音は ずっとずっとひろがって
私の中から溢れ出てゆく。
いつしか また 還ってゆく。

そんないっぱいの贈り物。


旅の道中で だんだんと 
今回の物語が見えてくる。


神志

途中の 神志の浜。
私の知ってる 浜辺とは違う波音・
ごろごろご。ちゃわしゃわ。

巡りのテーマと対面する。 
驚きの 虹石get☆ 虹石はじめて☆


niziisi.jpg

泣く子も黙る程真暗闇の中。友人宅近く着。(yoyaさん運転がんばった!)
暗すぎて 家がわからないのだ。
しばらく彼女の名を山中。 呼ぶ(叫ぶ)
「えいこさあ~ん。」
きもちよく木霊する。犬だか狼かわからないものだけが 
吼返事をしてくれる。 。さすがにこわい泣 まだ死は怖いの笑

_hutokoro.jpg

那智の滝のお隣に 谷中村から越した友人・
獣か妖精しか住んでなさそうな程山の奥(笑 彼女は。。妖艶女王!
森の懐のような おうちに入れてもらう。
炭焼きの親方と共に
あたたかく迎えてくれて本当に ありがとう・
お土産は もちろん 谷中ボッサのチーズケーキ☆

・・・
この辺り特有の山水を引き流しておく
船と呼ばれるものがあり、

山水の落ちる音かな。
母胎のような胎動音が 響きわたる。
静かな。夜。 
久しぶりにぐっすりと深く眠る。

まるで 御腹の中にいるよう。

あったかくて。
ずっとここにいたいよ。


でも いかなくちゃ。





ひかりの中で眼を覚ます。
昨夜まったく見えなかった風景。
ここは 楽園。

ここから。





2012_10_23


今週末からまた巡りの旅に。
ご縁と準備がすべて整ったので
いってきます。

那智の滝。
森を超え
伊勢神宮。

日本の・
この世界でははずせない聖地なのでしょうけれど
私はどちらも はじめての御参り。
超楽しみ☆
どんな出会いが待っているのでしょうか。。。


・・・
そこで・この頁にご縁ある方がたへ。
この2つの偉大なる地より  
遠隔でひかりをお届けします☆
一斉ヒーリングははじめての試みなので
何卒よろしくお願いします。

実際どんなエネルギーをお送りできるのか
行ってみてのお楽しみなので・。
よくわかりません(笑
けれど。
イメージと 今胸にある情報では
こんな感じです。(ほんとすみません。)

・・・
今の時空の流れに乗る。
散り散りになった欠片はひとつに。
陰流と陽流は交わり 龍の如く喜びの宙を舞う。
それは自らの内にある宇宙。「目覚めよ」
両極併せ持ち どちらも消えることなく。光渦巻く。
次なる時空へのゲイトを超える。

光へと。   
・・・

●期間は● 

那智の滝21日
伊勢神宮22日

から 次の満月までの間。

どなたでも受け取れるよう 設定させていただきます。


ひかりの写真に焦点をあわせてみてください・。
(わかりやすくイメージ画にしました。)


那智の滝 
Renati3.jpg

伊勢神宮さん
Reamatera1.jpg




ぴん!と来たかた。
ぜひぜひ。受け取ってくださいね。


●料金は●
3次元では無料です。

巷では無料のやりとりは相手にカルマを被せてしまう。と
云われています。
でも この巡りはたくさんの方達のお陰で
希望が現実になったものなのです。(わがまま放題ですし)
私がそのすべての存在たちにお返しできること。 
が この業なのだと確信しています。
そして 誰もが 受け取る権利があると深くそう想います・


なので この2大聖地からのひかり を 受け取った方は (kuuにではなく。)
まわりの大切な人達。ペットや家族へ。お仕事の同僚さん達。 へ。
やさしさで お返ししてあげてくださいね。

よろしくお願いします。

●●●
個別に 遠隔エネルギーお届け!が 
必要な方は (こちらは別メニュです)
メールにて ご連絡くださいませ。 


いつも ありがとう。すべてに。
いろのわ kuu・






2012_10_17


○10月新月のいろ○
オーラソーマカードから
このページにご縁あるすべての方への
一枚。一色。


_karipus.png
No82・カリプソCalypso

タロット:皇帝
カラー :グリーンとオレンジ 混合:オリーブグリーン
メッセージ   : 深い感情のショックその克服。
アファメーション: 「私は新たな決定に明晰さをもたらすであろう
          新しい決断を下す可能性にオープンになります」

自身の中心に通じている。
環境・状態・方向性に対して
直接触れ、己の直感と結びつけることができる。
・・・
時として
鋭感とオープンさ故に
その感覚が周囲のものなのか、自分の物なのか
わからず混乱し戸惑う時もあるでしょう。
感情や思考は 自分の本質を表すものではないことに
もう 氣づいていますね。
今・この瞬間のあなたが感じていることに、
感覚を研ぎ澄ませてみてください。
そこには もはや 自分にとっていらなくなったもの。
そして自分にとって必要なものだけが
明確に現れることでしょう。

天秤座の新月らしいカード。(ぜんぜん連鎖ないけど笑)
近年ずっとやってきた作業。
バランスをとる為の
お片づけ。 
此処ら辺でもう一息。 やってしまおう☆ 
真正面から向き合おう。

・・・
カリプソって何?
調べてみると カリブトリニダート島で派生した
民族音楽。とある。
あの陽気な感じの旋律に隠された深い歪。
時代背景とか。知らず知らずうちに引き継いでしまった
習性大衆的な意識の鎖渦から。
今 一筋の道が開けている。

次の新月までのターン。
この3色にサポートもらおう☆
   近頃惹かれるオリーブグリーン。
   紐解いてみる。。








2012_10_16

明治神宮

category: めぐる旅  

。どどーん。
_zingu2.jpg

本日に繰り越された
明治神宮。参拝。
みごとな 澄んだ秋晴れに感激!

meizizingu1.jpg
zingu1.jpg

はじめての明治御苑。

meizizingu.jpg
masai1.jpg

美しく整った庭園。
菖蒲の時期にまたお邪魔したいな。
池を回って氣のよい森を歩くと
清正井に。
整理券が配布されるほど 有名らしい。。。
けど 本日ひと時も待たずに 御水をのぞく。
賛否いろんなことが云われてるようだけど。
そんなエネルギーは感じず。
ただ。 この都会の真ん中の杜が
この水を産んでくれている。
護っていてくれている。
そのことに驚きと。感謝する。

その証拠に。水がとってもきれい!
杜内面の美しさをそのまま映してるね。
都会の内奥。

tori.jpg
ヤマガラが手に乗ってくれたよ。
かわいい☆ 鳥好きとしては。たまらん☆


本日もすてきな巡りを・
ありがとうございます。

2012_10_15


目覚めよ。わたし。

これは 私自身のレムリアの記憶が
蘇った頃に 深くから沸いてきた響きです。
何度も何度も寄せては返す波の様・。

だまされたと想って〔笑
毎回合言葉のように 唱えてみると。。。
目覚めてしまうのです☆〔笑
お試しあれ☆

Reaqa.jpg

レムリア。
遠い遠い古の。今は封印されてしまった
歴史。時代がありました。
そこは 女性性・男性性共に調和の取れた
美しい5次元の世界。
愛と調和の光を中心とした 意識体。
SFみたいですが、
人々は自由に姿を変え、 自らが描き出す創造物を
そして生み出された すべてのものを慈しみ。愛に満ちた
色とりどりの世界・。人魚とかもここから。

今より多次元なので(今は3・5次元2寄の時もある泣)
人によって その世界観の描写やシーンは
いろいろで。
聞くとそんなこともあったのか? うれし新しい世界。

でも なんとなく共通しているのは
それぞれのエレメントの神殿があり。
女神達・神官達がそれらを 美しく保ち
神殿を中心に栄えていたこと。
風 女神マライア
火 女神ペレ
水 女神イシス
土 女神ガイア
光(愛とかバラと いう人もいる)


私はいろんな神殿に出入りしており〔笑
フリーってあるのかな?好きな時に遊びにいき。
どこの女神様にもかわいがられていました。
今とあまり変わらないね(笑 野良猫

いくつか記憶が交錯するが、

容姿は
●やはり黒髪かなりロン毛。
白いやわらかな衣。赤等 色物もあり。今のkuu風笑

お仕事は
●天候や・音?
氣の流れをつかさどる。
巫女のように 舞っている姿。
龍がそこにいつもいた・
どこへ行くにも 大きな白龍が乗せてくれる。
●森に住んでいる。
 向こうが透けて外か中か隔たりのないクリアな壁のお家。
●シェイプシフトの子ども達
動物と人?の愛により生まれた 
ふわふわの着ぐるみみたいなこども達を 数人預かって
お世話をしている様子。

●水盤のようなものを
保ち維持する役割。
●竪琴を奏でている。

とか そんな断片的だが点と点は
いつか繋がるし、 そんな程度でいいのかもしれない。
(これ以上は危険?笑)
これらは私を中心とした 景色なので。
点を変えると色違うと想う。 (また 時を見て微細に綴る。)

Reaqa1.jpg





・・・
長く長く続いたレムリアの平和な時代にも
終焉のというか 次のステージがやってくる。
アトランティスと重なる次元。
ある種の意識が芽生え、混乱が続く。
大地の変容の時と重なる・

それは 今の世にとても酷似している。

混乱の直中私たちは何を観るのか。
そもそも。恐れという感情は何処からやってくるのか?
愛するGAIAがもう一度目覚めると 決めたことへの祝福と。
私たちは どのようにそれを 受け入れて
共に喜びのダンスを踊ることができるのか。

なんだかわからないけど過渡期であることに
私達はなんとなく。氣づいている。

レムリア時代の記憶は
私達にその繰返しを。その叡智を生かして
より羽ばたけるように 
私達らしく変化を楽しめるよう。背中を押してくれているんだ。

今 レムリアだけではなく。
世界中のパワフルな文化が 欠伸をしている。
目覚まし時計が鳴り響く。
この現代を生きながら。 
別次元での旅が はじまっている。



2012_10_14

儀式頭痛。

category: 宇宙の  

Reselen.jpg

3日間激頭痛のみ。
という 儀式的な通過を終えて。
さわやかな朝を。 ありがとう。

一年に何度かある
この怪しい頭痛は。
宇宙線のせい?星の配置のせい?
ここ数日・海王星と月が180度にあり 
弦がぴーんと張った状態にあった。
訳のわからない事象に関しては 
すべて宇宙のせいにする。と すっきりする〔笑
その間に連続アサイチで 番人達が尋ねてくる。
智の番人・水の番人・金星かな美の番人。
彼女達は伝えに来てくれた。
とても重要なKEY。ありがとう。

次の新月までにやりきる事山盛りだから 
うかうか寝ていられないのだが。
あきらめて。 全身を休める。
なんだかご褒美をもらう感じ。
自分で「休むう!」決めるだけなのに、 
もらった感じ。

・・・
こういう時治療法として。 
セレナイトを額に
シトロンを腹に・ おへそにヘマタイト という感じ。
(あ 石ね☆)&四方を囲むクリスタル。
大概はこれで すっきりとなおるのだが
今回は復活せず泣

結局、区役所での手続きをすっかり忘れており
猛ダッシュ!し用事を済ませ 
紅玉を食べたら治った。

思考の使い方が
ちょこっと行き過ぎていたのかな?

知恵の実を食べて 体を動かしたら治った。
原始に帰る。

Recalahul.jpg

で。復活。
どうも ありがとう。
ご心配かけて。



浄化も終えて今日は明治神宮参拝。

2012_10_13

大地

category: 日々  

E ia ku'u one Ha nau e~
E ku'u a~ ina Kaulana e~


Re__ki.jpg

明日は所属するハウラ(教室)の先輩達が 
ハワイから来てくれているクムと
仙台女川の地へ。
女川周辺のダンサー達と共に
舞と祈りを捧げる・

私は 行けないので。
美音と此処から 舞とひかりを
送らさせていただこう。

チャント(詠唱)
独特な節回しとリズム。
日本語と同じく 
言葉そのものに ちからが魂があると 考える。

誓いのような。
祈りのような。

発するだけで 心強く。
しゃんとする。

今回の祈りの舞の為に 
クムが作ってくださったチャントは
  私の生まれた地は こんなにもすばらしい。
  誇り高き地である。愛する大地。 
という大地への祝福の意が込められている。
ステップも大地をしっかりと踏みしめる。

私たちのこの日本・否もっと大きく惑星地球。
そう・。どんなことがあっても。

 この大地を踏みしめて歩こう。
 この大地があるから。

日本に。この大地に感謝を送ります。 
ありがとう!


2012_10_07

芸工展

category: カラフル  

谷中は村だ。

道を歩けば 誰かと出会う。
みんながなんとなくみんなのことを知っており、
そっと。 でも 確かに知っている。知られている。(笑
誰かの何かによって 支え支えてもらっている。
もはや東京であって。東京ではない。

今住まいは谷中からひとつ山超えるけど
ほぼ毎日 谷中出没(笑 この距離感がちょうどいい(笑

谷中というのは地名だが
谷根千というのは造語。
谷中・根津・千駄木・&日暮里もいれちゃうと
ここは懐かしすぎる 下町。
浅草とちょっと違う 下町。
何でもない路地とかが すてきで。絵になる。
ここが すきで。 みんな離れられない。(カルマ的縁か?

秋。毎年恒例の●芸工展●がはじまる。
村をあげての アートのイベント。
道を歩けば 表現に出会う。
古く根付く工芸と現代ここに住まう人たちの
作品や・想いが そこかしこに。
カフェやお店はもちろんのこと
ふつうの自宅をこの期間だけ 解放したり。
美術・とかアートとかの括りぬきで
日常が創造そのものだと 想いだす。

すてきなおまつり。 おすすめ☆

私も明日 いつもお世話になっている古民家の庭で
子ども達向けに
柿渋を使って
秋色を描くWS を開く。

これは試作↓
Rekakisibu.jpg

Rekakisibu1.jpg

秋は。
いろいろ つくりたくなる。
創造したくなる。



2012_10_07

藍染

category: カラフル  

急に藍染をしたくなり。
江戸の染料屋 藍熊へ走る。
ふつう 藍染は 藍を育てて立てて と
ものすごく時間とお手間と愛が 必要なのですが、

アルカリのハイドロを少し入れて 科学立て。 という
方法もある。(これは藍とは 云わない人もいる。)
ハイドロについては後述するとして。。。
独特な毒毒ないいにおいがする。(子どもら は 逃げた笑。)
一昨年は 藍の葉を箱庭で育て、生葉染め(たたいて染める)
をしたけれど、 生藍の 清清しい青緑色が気持ちいい。
藍葉はよく育つし 道具も葉っぱと布のみで 簡単なので子どもでも 
おすすめの染めあそびです。

Reai3.jpg

で、 今回は 立て藍なので鍋に水と大和藍(乾燥葉)を入れ 
攪拌します。(こんなに簡単でいいのか?)

色を うつします。

こんなふうに。。。
空気に触れると 緑色が
藍色に変化していくのです。 

これは 何度観ても魔法です。

Reai4.jpg

Reai6.jpg

Reai2.jpg

よくすすぎ。
お酢で〆て。(色止めね♪)
完成です。 すてき。藍さんありがとう。

Reai1.jpg


2012_10_06


琥珀の島
Re_kohaku.jpg

先日 大好きな楽団の CD制作プレliveへ。
表現(Hyogen)  (HP

美しく。
なんとも云えない のすたるじい な。
彼らの音の世界。
東欧風・昭和的・否どこでもない国。
彼らだけの島で 紡ぎだされるという。

琥珀の島 というタイトルの新作CDは
もう時期  日本のとある島で レコーディングされる。
完成が楽しみ。

●●●
曲目にケツァルコァトル とか。水とか。
のKEYWORDが 多く練りこまれており
舞台にも水面を写す。

私的には とても 今 にしっくりとくる。
懐かしく。 帰る場所とも云える。
旋律で響きだけで 
この哀愁香しい 帰還の郷へ境界へと
いざなうことができちゃうのは 驚きと。いじらしくもある。〔笑

みなさま。 おたのしみに♪

。。発売いつか聞くの忘れちゃった。。





2012_10_03


10月のカード。
Shadows&Light card から
このサイトにご縁あるすべての方への一枚。

32・Sea Storm :海の嵐
Re10gatu.jpg

Clam amidst chaos
嵐の中の静けさ。

今 あなたは混乱や変化・大きな感情の渦の嵐に見舞われています。
世界は ほとんど認識できない形でも たえず変化しているのです。
あなたの背後には様々な崩壊がありました。
過去同じことを幾度となく体験しています。
それらを もう 繰り返し経験する必要はないのです。
過去の岸に残し。 
新しい故郷を探している。 そんな状況にあるのでしょうか?

荒波を漂流い
外へと探すのではなく。
内への 確かなコンパスを頼りに。

あなたは。
この大海原を この時期を 
必ず 乗り越えることが出来るでしょう。

・・・ 感情という海。

もう一枚アドバイスカード。

Re_10gatu1.jpg

同じく。
Be your self. でした。。

自らの内にある羅針盤。
それは誰かに
説明することができなくても。いいのですよ。
あなたには 
ちゃんと わかっているから。


秋になって 
五行では肺・悲・辛・白の季節。
秋色風が 私たちの内なる秘密をくすぐります。
少しだけ 悲しい季節。
めぐる四季を 愛でるるように。
色づいていく 想いを そっと 観じてみる。

そして 高く遠い秋色空へ。

ほーい。 と 放りなげてみよう。
 





2012_10_01


09  « 2012_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top