巡る旅を。
ありがとうございます。

毎度のことですが、
何故その地に呼ばれるのかは
行ってみないとわからず。
そして 行ってみても 
やはり わからないものです(なんじゃい笑

旅は。
あっという ひと時ですが、
その余韻は、その波音は ずっとずっとひろがって
私の中から溢れ出てゆく。
いつしか また 還ってゆく。

そんないっぱいの贈り物。


旅の道中で だんだんと 
今回の物語が見えてくる。


神志

途中の 神志の浜。
私の知ってる 浜辺とは違う波音・
ごろごろご。ちゃわしゃわ。

巡りのテーマと対面する。 
驚きの 虹石get☆ 虹石はじめて☆


niziisi.jpg

泣く子も黙る程真暗闇の中。友人宅近く着。(yoyaさん運転がんばった!)
暗すぎて 家がわからないのだ。
しばらく彼女の名を山中。 呼ぶ(叫ぶ)
「えいこさあ~ん。」
きもちよく木霊する。犬だか狼かわからないものだけが 
吼返事をしてくれる。 。さすがにこわい泣 まだ死は怖いの笑

_hutokoro.jpg

那智の滝のお隣に 谷中村から越した友人・
獣か妖精しか住んでなさそうな程山の奥(笑 彼女は。。妖艶女王!
森の懐のような おうちに入れてもらう。
炭焼きの親方と共に
あたたかく迎えてくれて本当に ありがとう・
お土産は もちろん 谷中ボッサのチーズケーキ☆

・・・
この辺り特有の山水を引き流しておく
船と呼ばれるものがあり、

山水の落ちる音かな。
母胎のような胎動音が 響きわたる。
静かな。夜。 
久しぶりにぐっすりと深く眠る。

まるで 御腹の中にいるよう。

あったかくて。
ずっとここにいたいよ。


でも いかなくちゃ。





ひかりの中で眼を覚ます。
昨夜まったく見えなかった風景。
ここは 楽園。

ここから。





2012_10_23


09  « 2012_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top