大川は まことに美しい川でした。
エメラルドグリーンに
光る その流れは。
潔く。

ookawa.jpg

ryu1.jpg

龍笛を鳴らし、
川の清流へと 感謝をささげる。
どこからか 鳶がやってきて。
ピ-ヒョロローと 応答あり。笑

ooka.jpg
射し込むひかりも また 歓迎してくれる。

kusa.jpg

最近氣になる。
楔型の跡。 大きな石にある。
何かの爪痕だろうか、
または 古からのメッセージだろうか。


龍笛ちゃん♪ かわいい。

kusabi.jpg


巡る旅はいつも。
私にしかわからないような合図で
物語は 進行してゆく。

今回も。
そんな 大きな流れの中に
わたしは置かれている。

自分にとって 良いもの悪しきもの
どちらも。諮ることなく
在る。と。存在を認めることで、

その物体実態は 解き放たれて活かされてゆく。

時として
認める。ということ が 難しいものだけれども。。

これを 失くしたら
私ではなくなってしまう。(かもしれない。)
と、
今まで 慣れ親しんだもの から 少し距離を置く。
という ことすらできなくなっている
個所 も。 自分の中に 観ることができれば
今 必要か、必要ではないか。
が おのずとわかってくるものです。笑

※ 我が家の宝物達はそのような 想いに蓋をして 
大事に守備されている笑否全部必要だから!

書いてて おかしくなってしまうのですが。
人間は矛盾しておるものです。




魔界伝の龍達は。
どうやら このあたりとも 
ご縁があるらしい。竜王峡を超えたところから。。

眠れる龍達と、
私は どのような姿勢で向うのか。
の お試しのようであります。

※龍というのは
各々に流るるエネルギーそのもののことでもあります。

一度 受け入れる 統合させる
という方法を させていただいたけれど、
統合の意を知らなかったのであり、
こうすること が最善だったからでもある。
私自身 さらに 大きく、うつわを広げて
彼らに むやみに しがみつかずに。
寂しさや過度な感情に左右されぬ 状態で

共に。
この道を 添うて歩こうぞ。

と。あらためて 学んだのでありました。
それが 実にうれしかったのでありました。


己の中に この土地、時代、存在達の大河流れの中で

根深い繋がりも
また。 発見することになりました。
そんなに苦しまなくてすむのは
開け放つ。 と 決めたからかもしれない。

しばらくは
その繋がりもしくは契約の跡が
軋むようなこともあるかもしれないけれど
その都度 みつめて 昇華させてゆくことにすればよいのだろう。

そのあとは
ころっと忘れるくらいで
ちょうど いい。

浄化の巡りは まだつづく。。。かな笑






黄色い風車がくるくるとまわっている。
皐月朝燕の囀り。鈴の音。 

2013_04_29

高倉神社

category: めぐる旅  

岩永姫と此花咲耶姫。
富士山は、仲間におまかせして。
(ありがとう♪)
わたしは別√を。。。

いってきました。
福島の会津。塔のへつり。
※へつりとは川沿いの断崖のこと

okao.jpg

今回も御馳旅でしたので
どんな旅になるのやら。
と。 わくわくしておりましたが、
龍宮というより 宇宙船!
と 岩永姫にまず ごあいさつ。

大川は美しい渓流。
春の若草と芽吹きの神聖な紫色の山々に
囲まれてすてき♪

★★★
kao.jpg
巨岩のGATE。
龍の御顔みたい。

古来より、風を含め
氣流の通り道を 龍として祀り、意識し
大事にしてきました。

へつりもまた 氣流の道。
あきらかに 龍が通った筋後。
大川の下流の方まで このような
岩壁を みることができました。

outi.jpg

大内宿。 現役茅葺の宿場町。
GWなのね。栄えていました。

タイムスリップしたよう。(ここに住みたい。)
茅葺の家は 御舟型。御宙の船。
氣脈に沿うてるのか、 屋根に水龍と裏に寿龍。

koi.jpg

集落から5分ほど歩くと
高倉神社。

tori.jpg

神社巡りが趣味なわけではない。
でも その土地の神々や精霊にごあいさつするのは
当たり前だと 想っている。(義務かよ?笑)
いつもこの地を護ってくださってありがとう。
ここを豊かに栄え。ひかり放ってくださって ありがとう。
です。

takakura.jpg
sugata.jpg

御清水は 神社のぐるりを 流れる
山清水で。
大きな大きな杉5本が 
しっかりと社と民を支えている。

takasugi.jpg

この神社に関する文献は詠まずにいったのですが、
この地を護った高倉さん。と桜木姫。という
若くして散った御姫様のいわれがある。
さくらよ。
荘厳な風に 運ばれて。
この地の完璧な均律を 感じた。
すてきな神社でした。 ありがとうございました。


今年は東京で春を迎え、
再び 会津の山で 2度目の桜を楽しませていただく。
桜の蕾を渡鳥たちが啄ばんだらしく
花数もちらほらだったけど、
早春の景色に やさしい桜色がそっと 添えられているのは
やっぱり。 美しいと。想う。
和のこころ。



私たちの中に在る
岩永姫と此花咲耶姫の
統合 という、楽しみ。もまた。 
この旅で もう一度。試みることになった。

岩永姫の 凛とした佇まいも 美しく。
愛らしい乙女心。咲耶も。。。。。

両方を私たちは 内に秘め 抱いている。

分離→認識→統合させる。 という。方法だが。
その 分離のしかたが
今までは 時代がそうさせたのか。
学びの筋書きなのか。
非道な感じのものばかりだったから、
難しく感じていた・ 

。。。。
こんなふうに。 つい そこに感情を注入してしまう。

それによって
ここまでの 深溝を負うことになったのかもしれない。
。。。。


でも。
これからは。
違うよう。

あるが姿に立ち。
新しく認識された 個々は。
喜んで 統合されてゆくのだろう。

それを 自らすすんでみせてくれたのが
彼女たち。
いわながひめとさくやひめ。なのだと。
感謝している。

今では。
私の中では かわゆい アイドルグループWA。という
感じで、 御揃いの赤い帯とリボンをつけ、
ご機嫌に2人唄い踊っている。

ありがとう。

2013_04_29

龍笛♪ +

category: 龍たち  

ここは どこ?
と なりそうな kuuです笑

龍のことで 想うところあり。
己の非力さも感ぜずにはいられないような。
魔界伝。

何故今 魔界伝なのか。というと、
其処へ ゆく。
と 決めた私がいるからです笑

もう戦うことは やめた。
武器も いらない。

そんなわたしに 
できることは あるのだろうか。。。。。

成り振りかまわず、
本氣でそこに身をおくと決めた時、
そっと差し伸べられる ひかりが あるということ。
ちゃんと 見ていてくれる 
仲間が いるということ。

それだけで、 
本当に勇氣が出てくる。
其れが どんなに贅沢なことか。

今更ながら 感謝をする。

私の戦法は すべてを包み込むということ。
いいよ。いいんだよ。 と。
いろんな色が 存在してもいいのだということ。
それから それらをひといろに混ぜ合わせると
まぶしいひかりに。
生きている ひかりに 変化するということ。

を 3D実体験も含め。
完全にそうなのだ。 と 核心があるから。

このように。 生きている。
添うようにしている。
でも。 詰まる時も たまにある。笑



そんな。 いじけ虫の私。
今。 このタイミングで。
この掌へやってきた。
石の笛。

ryu.jpg

龍笛

その石の放つ やさしさに、
さすが 
猫仙人あむちゃま は にゃにゃい♪
と じゃれるほど お氣にいり。



音色は。

風が ひとすじ。
抜けるような。

暗闇に ひかりが差し込むような。
そんな強さとやさしさを重ねた音色の 龍笛を。
こころの友に 譲り受ける。

ありがとう。泣。
そして 云いしれぬ懐かしさを この笛の音から想う。
。。。。。


受け取ること。を。
学ぶ。

遠慮せずに。 受け取っていいんだよ。と。
もっと 受け取ることを
自分に許可していいのだよ。。
(いっぱいもらって此処まで育ててもらってきたんだけどな。)
罪悪感はいらない。。。あなたに 必要なものは
ちゃんと あなたのところへと 行きたがるから。
選ばれてゆくのだから。
多すぎたりしないんだよ。

。。。。。
私に響いた言葉は。
此処に記すことで 漣となり昇華されてゆくので。
ここへ。と。 感謝をこめて。

ありがとう。
しっかりと 受け取りました。。


。。。
龍笛は
来週 この子の 故郷の海へと 
連れてゆく道筋ができあがっている。

海と。空と。 その間で。
私が 今 できること。

それは この笛を鳴らし、
どこまでも 響かせること。

響いた その先にあるものすべてに 
喜びが伝わってゆく。。。。。

龍達が めざめてゆく。


※そう。お氣づきの方もいるね。
石仲間の 
まりあさまをくれた 彼女です♪

ありがとう★★★

帰ってから練習したら、
鳴らせるようになったよ。
もっと もっと 澄んでゆくよ。

 
2013_04_27


いい天気★

今日は 
Ere Mariaさんの
GAIAカードから。
この頁にご縁あるすべてのみなさまへの
一枚。

4○

shining 輝く地球。

メッセージは、
愛する地球を 想い、
ひとつだけ。
地球の為に何かできることを してみましょう。

具体的には、
水を大事に使う。
ゴミを拾う。
車ぢゃなくて 歩いてみる。
とか。 

なんでもいいと思う。
その 氣持ちだけで すてき。

地球が輝くとわたしたちが輝きます。
私達が輝くと地球も輝きます。
地球と わたしたちと
それぞれの魂の 輝きが 重なるように
イメージしてみましょう。

喜びが。

はじけてゆきます★

今日も ありがとう。
満月ターンのメッセージでした♪ 

2013_04_27


まんまる満月茶話会。
みなさま。
ありがとうございました♪

今回は蠍座っぽく
タロットをじっくりと読む
時間になりましたね。
おもしろかった♪

私もひさびさに
カードを開き 
やっぱり おもしろい世界だなあ。
と ほれぼれとします。
(ポケモンカードにはまる子どもの氣もち。
 すっごくわかる笑なんか違う?)

4.jpg

今 を
眼の前に 提示されると、
わかりやすく。

しっかりとみつめて
とびこえてゆく。ことを 
応援されていることに
氣づきます。

カードの示す
少し先 を見据える姿勢。
今を踏まえて 明日を観る大きな視点を。
みんなで 共有できることも。
おもしろさでもあります。

それぞれの物語を感じます・

今日のお客様の中に リーディングが得意で 
ことばの選び方言霊を大事にする方がいらっしゃったので
詠みを豊かに変換させてくれ。 
とっても 盛り上がりました。

ありがとうございました★

毎度、散散りりとしている
我が家でありますが
みなさまの日々に、 ちょっぴりと
色彩をそえることができましたら
うれしいです。

また ぜひに。

5月茶話会 日程詳細は 
のちほどUpいたします。
お楽しみに!
(満月は 5月25日。13時25分です★)


2013_04_27

toki

category: 龍たち  

なにやらが 蠢いている。

地中深くを 活性化するのは
どんな存在であろうとも、
私たちは それらとともに在る ということ。
私たちが それを内包し 抱きしめているということ。
そして 
いつかは 自分と微少だが差異なり、
容姿や振りが違えども
そこに意味なすことはなく。
うち解けてゆくのだろう・
うち開いてゆくのだろう。

このところ
連続してみる 世界は。
「風雲 魔界伝。」 とでも名付けようかと思う程に
壮大な絵巻物のよう。
映画にしたら いいかも・
と 思っちゃうほどの 展開図である。

もともと 肉眼 
見た目では判断しない質ではあるけれど
まだまだ そんな 偏差が己の中にある ということを
知る。 知ることができて よかった。
&即 放つ! 長居無用。

簡単に云うと、
魔術妖術使いの 少女は
古く代々 龍達の保護と養育を継承している。
時は 今。
龍たちの 封印を解いてゆく という。
なんの捻りもない在りそうなストーリー。
  だ。 から 笑える。

遠い向い側の おはなしである。
おっと。 続きは追って綴ろう。

2013_04_26


今日は。
ひゅうんひゅうん と
にぎやかに 龍達が 飛び回っている・

ふだんから 私たちの天上を
空上を 旋回し
時の流れを うみだしてくれている。

ryuun.jpg
天龍

御富士での 祈りの答え。かな。
。。
いつだって 彼らの答えは
祝福である。

龍雲

rtyu.png

今日も すばらしい日を♪

2013_04_25

祈りの日々

category: 日々  

 
ひかりのリレーが続いている。

毎日 氣ままに粒子の荒い生活を
しておる私は、
祈りの日々を送る。 
(祈るようにして 大事にという意味)
ということを
願いとして 
オーダーしていた時期がある。
それは 今でも少なからず変わらない。

思えば、
6歳頃近所の友人の教会系幼稚園へ
日曜ミサ。
わからないながらも 好きで 
ひとりで通っていた時期。
 を抜かしては
団体で祈る。みんなでひとつを。
という行事やそういう機会に遭遇しなかった。

舞台を創る行為は 
総合的にそのひとつ を
紡ぎあげてゆくものであるけれど、
本番までは(本番さえも)
みんながみんな。
異なるものを好き勝手に想像していながらにして
それでも 結果的に
ひとつに練じりこまれ 
包括られ舞台はみごと成立する。・
 
私の祈り。
というのは 紆余曲折ありにけり
ここに原点がシフト定着しているのだと思う。

八百万がわんさか。
それも この地球上にいる人間の数だけ!
生命の数だけ!
創造という名の 祈りがある。

rarima.png



あまのうずめのみことは
日々の所作は舞いのよう~。
サラスバティは
私たちの生きているあかしでもある
この呼吸。ブレスこそが
大事な祈りであること。
吐き出された 息そのものが
祝福であり
世界を構成している。
(というそんなあたりまえなことなのだけど)
はっとすることを。

問うては 学ぶ。

氣功をしながらも
天地の間に在ることを噛みしめる。

同じことを繰り返すということが 
苦手な私は、
やはり私の中に存在する日和見的な
たくさんの八百万の女神様や精霊達。
日々変化する大地や空や成長する娘の助けを借りて
ただ 祈るという。
ただ 感謝する。という。
贅沢な時間を 
この人生にひとときを 体観させていただいている。

他所人によっては
仕分けるような特別なことではないのかも
しれないけれど、
回り道をしながらも
祈りそのものである時のわたしは
そっと 在り。
おだやかな 「今」を 感じるから。

asahi.png

特別だな。 とも想う。


特別でいっぱいになってゆくのだと想う。

2013_04_18


自由氣ままに。
勝手氣ままに。
色をうつし、つないでいる。
ちからを入れずに
その瞬間の氣持ちをいっぱいに
孕んだ ひかりの衣は
今日も 誰かのもとへと
辿りつく。

※頼まれるとできない。笑
アマノジャク。
そこは 治したいところ笑


私の大好きな 
月の女神。アルテミス。
sundancer 太陽の舞人。
ふたりは双子のよう。
巡りはいつも。。
人生の舞台に ちゃんと用意されている。

sunda.jpg

太陽や、海・大地。
地球そのもの。宇宙そのものが
生まれ変わるサイクルの中にあって。
それは誰にとっても他人事ではなく、

まぶしすぎるものとか、に近寄れない。
頼り。ゆだねることとかに
妙に氣を使って 
距離をおいたりする。

そんな 想いがちらほら交差している。

弱っている自分。
疲れちゃってる自分。
そんな自分を真正面に眺めるような
ちょっぴりしんどい時間を。 
ご褒美の お休み時間を。
もらっているなら。

ゆっくりと。 
素直に休んだほうがいい。
こころゆくまで 休んだらいい。

いっぱい休んだら。


また 立ちあがれるから。


。。。
(矛盾しているけど)
でも。あなたは。。
やっぱり踊ったほうがいい★
祈りを 舞いにかえることができるから。

sund.jpg

生きている。 
はじけるような 喜びを みんなに
与えることができるのだから。

ありがとう・
踊ってくれて。
。。ありがとう。


2013_04_18


巡ってないけど
昨日コノハナサクヤの敷地を出る際 
満開のツツジの花道をとおり 
ふと振り返るとひかりひとすじと
アーチ型のgateがみえた。

特別 身に覚えもない
この図式が、 
焼きついて離れなかった。
その後
柳花堂closeで
紀伊国屋へ立ち読みいつものように
カードを立ち引きすると。
・・・
このカード。
お名前は存じあげぬのですが、
44 よろずはたとよあきつしひめのみこと( 長っ)
私のふふふの合図である 44と
先ほどの構図とまったく同じ絵。


oru.jpg

こういうシンクロは
自分の出した オーダーや
質問に対するメッセージが含まれているので
ちゃんと 受け取る。


織り上げる。
根氣強く続ける。軽やかな。。

もう美しき世の絵地図はできあがっておる。
その美しき世を織り上げるは人の手によるもの。
本氣で織り上げんとするは根氣がいる。
あきらめてはならぬ。
強き心を持ち美しき世を創り上げんとする人の心を
撚り合わせ織り上げよ。

。。。。
怠けているわけでも
力みすぎても、失望しているわけでもないけど、
私とて 疑問がわいたりする時もたまにある。

もちろん
この肉体あってこそのことだから
意識との時間差は
わかってはいるけれど
たまには 愚痴っぽく。 
わかってくれる神にも相談したい。

とまあ。 こんな感じでした。

あきつ とは 蜻蛉のことらしく、
透けるようなすずやかな 衣を紡ぎ織る、
この女神様に 
私は より強固な笑 軽やかさを学ぶのだろう。


初夏の天の香久山に 白妙の君。


。。。
美しさを織り上げこの地上に成せるのは
私たち人間にしかできない。
たくさんの存在や空間や宇宙に サポートされながら。。


インドのサリーの残りや工場とかで出た屑シルクで紡いだ糸は
色もごちゃまぜでぴよぴよと 
糸くずが飛び出しているけれど
それで 織り上げた布は
柔らかくしっとりとしている。
そしてほほえましい。

私は 白妙のような羽衣のようなものは
決して生みだせないけど、笑
そんな屑シルクのような
がらくたやいいもわるいも、
戦いも握手も涙も。意思も笑いも悲しみも。
個性をひとまとめにして織り上げている。
そんなごちゃ混ぜに 
にぎやかに生きるを体験している
自分を・人間を 本当に喜ばしく思う。

紡ぎ合わせ、
眺めると
それは どこにもない
すてきなタピストリーになるのだから。

それで。 いいんだと 思う。
カラフルで。いいと思う。

2013_04_15

浅間神社

category: めぐる旅  

コノハナサクヤに会いに行く。

多摩川駅を降りた瞬間

ひらり天使の羽と
あげはのちょこちゃん。が 祝福してくれる。
ありがとう。
また 会いに来れて うれしいよ♪

reasama.jpg

清々しい 風が吹く。

huzi.jpg
富士塚は 各地にいっぱいある。
ご近所にもよく探すとあると思う・
富士山から運ばれてきた石。
日本の大地は火山でできているから。

dango.jpg
コノハナサクヤは かわいらしい女神さま。
三色団子がよく似合う。
御供えして。 川沿いで一緒に花見。
siro.jpg
sirot.jpg

東京のまん真ん中。
だけど 緑豊か。水豊か。
春の野草達が きらきらとまぶしい。
涼やかな野草達は 飾らずに ほっとする。

tutu.jpg

昨年は 桜の時期にお参りしたけど、
一呼吸いれて。ツツジ御出迎えしてくれた。
ツツジの花道とGATEが 象徴的に思えた。
のは のちほど話そう。

昨年は氣づかなかったけど
新芽若芽が出そろって、
どの花が何処にいるのか わかったよ。
準備万端。
梅雨頃は 浅間神社裏の庭園は 
あじさいが満開だろうな。

また、 お邪魔します♪ありがとう。






2013_04_15


今週に入り
ひかりのバトンの受け取り渡しを
日々繰返し 
今までにない感じでスパルタ!鍛えられている 
kuuです。笑

八重の桜もぼんぼり。山盛り。
想いがいっぱいです。

yae.jpg

4月の満月茶話会。

日程のお知らせです。
4月26日(金曜)
2時頃から:くう家にて。
御席:3席。 残席1つ。


蠍座のまんまるですので
ご自身の内面の海へと 
深く深くもぐってゆく感じになると思います。
そこには 
何が みつかるかな?

ご要望もあったので
タロットリーディングも
しましょうね。

現実的に自身が把握していない
もしくは 隠されている
深層心理や状況 などを
少しつっこんで みることができます。
そんな想いを汲みあげて きらきらに昇華させましょう。

おたのしみに♪

。。。
前回はちいちゃな我が家に 超山盛りでした
(&私のご接待の容量もちっちゃいので笑)
ので
やっぱり ゆっくりとおしゃべりできる
人数と距離とお時間とを 大事にしたいと
思いますので、3席限定にさせていただきますね。

ご予約
ご協力のほど よろしくお願いします♪

お問い合わせ 
luulla9★yahoo.co.jp まで ★→@

2013_04_15



4月11日 (昨日18時40分から) 
牡羊座の新月です○
次の新月のターンまでの。
一枚。ひといろ。をこの頁にご縁あるすべての方へ。

zyu.png

グリーン・クリア
「人生で不変なものは 変化するということだけである。」
マスタージュワールクールおじいちゃん。

クリアで透明な光が自分の中に差し込んでくるとき
いったいその光は何を照らし出すのでしょうか。
氣づかなかったこと。
それとも見失っていた「自分」の輝きなのでしょうか?
そこには あなたが考える以上の無限の可能性
が存在しています。
ここにある全てのものが 
あなたが花開くことを助けてくれているのだということに
氣づいてください。

あなたが探しているものは。

そう。 今 ここにしか ないのです。
今 この瞬間を 生きている自分自身のことを 
信頼してくださいね・。



次の新月までの お守りのひといろにどうぞ!   

★先ほどひかりを送っていただき 
レポートの中で
首にまく虹色に輝く布をいただいた。
どんな感じなのかなあ。と思っていたら
このカード!すてきな虹。
(ありがとうです♪Yさま)


2013_04_11

牡羊座新月

category: 日々  

一日中。
牡羊座っぽく やりたいことは
やるぞー。いくぞー。
っていうような突進するようなエネルギーに
満ちている氣がしました。
月が牡羊な私だけかな笑

suny.jpg
sunn.jpg
まぶしすぎる!



ずっとさぼっていた
ダンボールコンポストをはじめ。
太陽の踊り子へ 衣装用の染色。
羽毛布団を 圧縮してみたり。
(今更ながらあれすごい発明ね!)
いろいろと
片付く?未だ散らかってるけとほほ。。。。


買い物も疾風のよう。其の道中、
子猫を保護しようと おばちゃんが金網越しにずっと
格闘していた。顔見知りのねこちゃんだったから
家に帰り箱と、あむにはやらない缶詰フードを
持って戻る。
あと少しのところで 保護失敗。。。
おばちゃんの兄さんが 飼ってくれるはずだったのだけど。
逃げてしまったよ。
まだ夜も冷えるから。
ちょっぴり心配だけど 

強い子だからきっと大丈夫。

おばちゃんと「不思議なご縁だねえ。」
「でも あのこにとってはここで暮らすほうが
幸せなのかもしれないね」
って はなしながら。お別れする。

野良猫に限らず
私はついおせっかいを焼いてしまうけど。

その人にとっての
本当のしあわせ って。 
そういうものなのかもしれない。
と。 
改めて ねこちゃんに教わる。
他の誰かに解かってもらわなくてもいい。

それぞれの価値観の中で。
世界の中で。 
今が一番いい。 これでいいんだ!って
瞬間瞬間に思えるのなら。
誰のことも何にも心配することもないんだな。

とはいいつつも。
ちいさなおせっかい屋kuuなので,
やってあげたい。こうしたい。っと思ったことは
相変わらず 猛進。
後先考えずに動いてしまうのだろうな笑。
だって 動かなかったり してあげられなかったことを
あとで 後悔するのは 
もっと もっといやだから。 

今。できること。と信じて。

以上
そんな感じの 体癖が
不良な牡羊座模範です笑


2013_04_10


昨年から よっこらしょ!と
準備をすすめていた 
いろのわ商店。(摩訶不思議系net shop!)

春には開店できるかなあ。と。。。
只今春真盛り。のんきなものです。

もう しばらく お待ちくださいませね★


お店で扱う魔法道具の中から
今日は こちらをご紹介。

pa.jpg

マヤの神木 パロサント。
ひそかにご存じの方もいるかしら。
神秘的な香り。
魔よけ。浄化 としてこの香木を炊ます。

今や一家に一束!?
セージ(ホワイトセージ・ブァッフアローセージ)
は 日々の浄化に 
みなさんお使いになっていることでしょう。
独特な切れ味のある スパイシーな香り・

セージとはまた 役割が違うよう。
パロサントは
空間をそのまま 包み込むような
甘く誘われるような 薫り。
リラックス効果が 強く、
明るさを引き寄せる力と。
保護のちからが あるように感じています。

パロサント木片も販売しますが、
パロサントを磨き上げて
ペンダントトップ。も創っています♪

palo.jpg

自然に浮かび上がるフォルムを
掘り起こしたら
個性豊かに。。。
一点ものです。 
生命在るこの子達も
ご縁ある方の元へと 運ばれることを
こころまちにしています。


只今仕上げ中。
お楽しみに。
。。。。。


そんな最中。
阿佐ヶ谷駅すぐにある ヒーリングショップで
パロサントのエンジェル を
みつけてしまひました!

an.jpg
ang.jpg

嗚呼。
パロサントの天使が来てくれたってことは!
パロサントのちからを引き出し、
必要な方へと届けられるよう
サポートをしてくれているのだな。
もう 迷うことはないんだな。
喜んでくれているのだな。

と 感謝でいっぱいになる。
ありがとう。


。。。。。
そして。
天使さんの居場所は。。。
娘への入学祝。お守りとして。
さっそく 御newの勉強机上に。

よろしくね。天使さん♪

2013_04_05


あたたかな春日和。
ほっくる阿佐ヶ谷 さんで
魔法学校。
たっくさんのお友達に
ちいさな魔法使いさん達に
出会うことができて。
感激★

昨日はほっくるCAFE lunch timeも
満席★
お忙しい中 秘密のお部屋を
使わせていただいたり!
やさしいスタッフさん達に支えられて
開催することができました。
ありがとうございました★

mahou.png

石とか、木片とか、魔法の砂時計とか、
アラジンのランプとか、
魔法道具の一部を 連れていくのですが
さすが魔法使い達。
一見ガラクタにしか見えないような物も
(私にとっては宝物ですが★)
大事に手に取り ひとつひとつ
楽しんでくれていました。

4歳にして 石好きコレクターや
妖精さんとおはなしできる子。
そのままで とってもチャーミングな フェアリーっ子も
集まってくれて。

子供たちをみれば わかるから。
ご家庭で
とっても大切に育ててもらっているのだなあ。
と お母さん達にも感謝したいです。

魔法は ファンタジーの世界だけでは
なく 現実のこの世界の中にも
きらめくように ちりばめられているから。

そんなちっちゃな ちっちゃな
物たちに こころを向けて 耳を傾けて♪
大きくなっても 持ち続けていけたら
大事にできたら きっといつか 助けになると思うから。

そんな 気持ちで
はじめた 魔法学校です。
(はじめさせられたというほうが近い笑)

hazime.jpg


まだまだ 至らないところも
ありますが。
私も 日々 学びの最中であります。
これからも 一緒に 楽しんでゆくことができたら
すてきだな。 と 思っています。

ありがとう。

次回は 6月夏至あたり。
海のめぐみ。
水の精霊を お呼びして
sea side sun catcher
海辺のおひさま をつくります。

おたのしみに♪ (すっごく素敵なの!)

また 日程など決まり次第 UPしますね♪



親子カフェ ほっくる阿佐ヶ谷
の ブログにも掲載されています。
毎月 楽しいなイベントが盛りだくさん。
からだとこころにあったかな お菓子、
雑穀のぷちぷち スープなどなどの
。食。
アロマやベビーマッサージなどの
。感。
カバラの叡智と書の融合企画
。知。

暮らしを 
すてきに彩る 企画ばかりです♪
氣になるものばかり。。。 

ぜひ チェックしてみてくださいね。

ほっくる阿佐ヶ谷 ブログ

ありがとうございました。

★★★

siro.png
yamabuki.jpg

★★★
魔女っ子達に いただいた
ちいさな春。 
やさしい紫色の鈴白花と山吹。

ありがとう。
お部屋が春色です♪


2013_04_05


4月4日
今朝の瞑想レッスン。
サラスバティさま。のひかり。
瞑想すると
最近は 急激な眠気に誘われる。
あっという間に 意識が飛ぶなあ。笑
どこへいくのかしら。


久しぶり!な サラスバティと一緒に
琴の音を奏でていると
ものすごい甲冑を着たひと。
女性?男性かと思う程の強いエネルギーを感じる。

アテナの 山くらい 大きな大きな石膏の像が
顔からひび割れ て 崩れる。

サラスバティとアテナ が
(おもしろい組み合わせだな)
その崩れた 像のふもとに大地に
槍のような、木の棒で何かをしている。
壊しているのか?と思ったら
何かを刻んでいる? 

年号を刻んでいるのだ。という。

??と思っていると、
さあいくぞ! 
勇ましいアテナが 飛び立つ
続いて私も。 と動こうとすると、

ちょっと待って。
サラスバティが
「私達は 一曲奏でてからにしましょう。
焦らなくてもいいのだから。」

一緒に 竪琴を奏でていると
音色はきらきらと 虹色になり
虹の道ができた。
(美しいとおもう道をそのまま進めばよいのだなあ。)

その道を 白龍に乗り サラスバティと上昇してゆく。

到着した 星で、
甲冑を脱いだ きれいな装いのアテナが 
大きな書物のページをめくっている。
ページをめくるごとに 
ひかりや人?物?がぱらぱらと
こぼれおち それはひかりへと昇華していく。

古い歴史は一掃されて
書物はまっしろページ になっている!

「今日から あたらしい歴史を刻むのですよ。
今日は4月4日。
あなたたちが 刻んでゆくのです。」

先程
大地に刻んでいた年号は 今日の日付だったらしい。

その瞬間
なぜか、キリスト・・・
というエネルギー。
(きりしたんではないけど。)

そのエネルギーを浴びると
涙が止まらなくなる。
彼は 本当に世界や宇宙のすべての存在のために
はたらき 生きたのだ。と知る。

2日前にラファエロ展で聖母子像を観に行ったばかり。

感謝の思いでいっぱいになり。

瞑想を終える。



はじまりだね。 




2013_04_04

あめだにゃ。

category: 日々  

春の銀色の雨が降っている。
この雨は みどりや生命達には とっても大事な雨。
私たちも生命 小休憩。

といっても
明日のまほう学校の準備や
mionの鉛筆やらにいっこずつ 
ちまちま名前を書いたり
新しいヒーリングメニュを
構築仕上げしたり 盛りだくさん。

伸びてゆくための 準備期間だ。
どうもありがとう。

あむ

あむも 学校いきたいにゃあ。
かわゆすぎ!笑 

2013_04_03


先日 友人のぴあの教室発表会の
お手伝いをさせてもらった。

すてきな発表会で
自分たちのデザインした衣装を
つくり 着て 舞台に出る。

という ありそうでなかなか ない。
前代未聞のコンセプト。
主催の 彼女でなくては できない発想だと思う。
すばらしい♪

kaza.png

ぴあのの練習もしなくちゃだし
舞台も手作り。
衣装もしあげなきゃ とかなりタイトだったので
子供たちは よく頑張ったと思う。

そして はじめは やらされる→がんばる 
というお決まりの道。
その先は お楽しみだけが 残り 
味わうことができたのではないかな。と 想う。

それこそがねらい。
自分で生み出し 実際にかたちになるまでの
プロセスは
どんなものにも勝る 喜びだから。

nui.jpg

もちろん はじめは
お年頃の女の子達は 眼もあわせないような
興味もないような 様子だったけど、
布選びから
慣れないミシンや 針に格闘しつつ
作業を進めてゆくうちに

何度も顔をあわせてゆくうちに
いつのまにか その距離は解け

最後には自分たちで
衣装を飾る。
自分を飾る。

ところまで おもいっきり楽しんでやっていた。
その姿が
なんだか とってもうれしかった。

私も 
教える。
伝える。

ということを学ばせてもらう 機会をいただき、
楽しい思い出をまたひとつ
いただいたことに。感謝している。

衣
i.png

きゃりーぱみゅぱみゅ・AKB的なわたし。
どらえもんもいたよ! 



完成品を成功だけを
与えられることに
慣れすぎた 私たちは
その物や空間、や意識が
どのようにして生まれ
育ちを経て 

ここまで 
この手の中にやってきたのか。
という壮大な物語を 完全に忘れてしまっている・

それは 自らがつくり出せる。
という、自らがつくりだしたものである。
という大事な感覚を 
喪失した時から はじまっている。

この神話のような戯言のような
癖とパターンを 超えて

やっと 思い出しつつあるのだろう。

ひとつひとつを生み出す工程を
理解し 楽しむことができた時
まわりを見渡せば
どれもが そのように愛らしく
生まれ 育まれ

此処に在るのだと。


自らを、他者を 大切に思うだろう。


自らが この世界を・
この物質達を 色をひかりを生み出した
張本人である。ということ。
その記憶まで
辿りつくことが できたのだから。

もう心配することは ないのかもしれないな。


あとはお楽しみばかり。


2013_04_03


しっとりと雨降る中
ラファエロ展を観てきた。
まさか この聖母子画が来ているとは
想ってもみなかったので
先週まで 素通りしていたよ。

ラファエロの作品は 好き。
配色と発光が 日本人好みなのかもしれない。
展示会場は黒×赤とラファエルグリーン(癒しの色)の配色で
すてき。

ルーヴルやフィレンツェ・からの 
選りすぐりの作品群が大集合。
どれもすばらしかった。

500年前に描かれたものなのに
うまれたばかりのような
赤の色。
いつまでも清明で
いつでも受容してくれる 
蒼い色。

吸い込まれるように観ていると
自然につたう涙にはっとする。 
畏敬の想い。
キリシタンではないけれど、
マリアさまをはじめ
すべての存在の根底を支える
おおきすぎる母性のようなもには 反応してしまう。
(いろんな意味で笑)

この聖母子像は
静かで。やさしい。

遥々と 日本へやってきてくれて
ありがとう。

rahu.jpg

6月2日まで開催。
国立西洋美術館
おすすめ。
マリアパワーをチャージしよう♪ 

2013_04_02


4月です!
なあんて はやいのでしょう。
と毎月この枕詞描いていますね。。。

ジェットコースターのような
日々ですが、さらに加速しているように
思うのは 私だけではないようですね★
動体視力(脳内視力?)を鍛えるような感覚笑

この景色 

どれだけ 
楽しめてるかな。


★★★
4月1日のカード
この頁にご縁ある全ての方への一枚。

the sun dancers
太陽のダンサー:
喜びあふれる活動・人生の祝典。豊かさ。

sun.jpg

今のあなたを祝福し、
「魔法の磁力の法則 」を思い出させてくれます。
あなたが 求めるもの。
あなたが 在りたいよう。
思い描く現実をあらわし、引き寄せるのを 
サポートしてくれます。

あなたが今 できること。
夢や祈りは  
恩恵・感謝と共に 
宇宙にささげ お任せすること。

その夢の行方を味わい。
叶うことの 喜びの舞を踊りましょう。
ポジティブな姿勢を保ち、
その意を おもいっきり 表現しましょう★

飛び出しカードも★

hikari.jpg

4月から 選択・移動など、
あたらしい環境へと 
進む方もたくさんいますね。

光の女王が。
私たちのゆく道を
ひかりで照らして応援してくれていますよ。


すてきな はじまりに~♪
ありがとう。


2013_04_01


03  « 2013_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top