祈りの日々

category: 日々  

 
ひかりのリレーが続いている。

毎日 氣ままに粒子の荒い生活を
しておる私は、
祈りの日々を送る。 
(祈るようにして 大事にという意味)
ということを
願いとして 
オーダーしていた時期がある。
それは 今でも少なからず変わらない。

思えば、
6歳頃近所の友人の教会系幼稚園へ
日曜ミサ。
わからないながらも 好きで 
ひとりで通っていた時期。
 を抜かしては
団体で祈る。みんなでひとつを。
という行事やそういう機会に遭遇しなかった。

舞台を創る行為は 
総合的にそのひとつ を
紡ぎあげてゆくものであるけれど、
本番までは(本番さえも)
みんながみんな。
異なるものを好き勝手に想像していながらにして
それでも 結果的に
ひとつに練じりこまれ 
包括られ舞台はみごと成立する。・
 
私の祈り。
というのは 紆余曲折ありにけり
ここに原点がシフト定着しているのだと思う。

八百万がわんさか。
それも この地球上にいる人間の数だけ!
生命の数だけ!
創造という名の 祈りがある。

rarima.png



あまのうずめのみことは
日々の所作は舞いのよう~。
サラスバティは
私たちの生きているあかしでもある
この呼吸。ブレスこそが
大事な祈りであること。
吐き出された 息そのものが
祝福であり
世界を構成している。
(というそんなあたりまえなことなのだけど)
はっとすることを。

問うては 学ぶ。

氣功をしながらも
天地の間に在ることを噛みしめる。

同じことを繰り返すということが 
苦手な私は、
やはり私の中に存在する日和見的な
たくさんの八百万の女神様や精霊達。
日々変化する大地や空や成長する娘の助けを借りて
ただ 祈るという。
ただ 感謝する。という。
贅沢な時間を 
この人生にひとときを 体観させていただいている。

他所人によっては
仕分けるような特別なことではないのかも
しれないけれど、
回り道をしながらも
祈りそのものである時のわたしは
そっと 在り。
おだやかな 「今」を 感じるから。

asahi.png

特別だな。 とも想う。


特別でいっぱいになってゆくのだと想う。

2013_04_18


自由氣ままに。
勝手氣ままに。
色をうつし、つないでいる。
ちからを入れずに
その瞬間の氣持ちをいっぱいに
孕んだ ひかりの衣は
今日も 誰かのもとへと
辿りつく。

※頼まれるとできない。笑
アマノジャク。
そこは 治したいところ笑


私の大好きな 
月の女神。アルテミス。
sundancer 太陽の舞人。
ふたりは双子のよう。
巡りはいつも。。
人生の舞台に ちゃんと用意されている。

sunda.jpg

太陽や、海・大地。
地球そのもの。宇宙そのものが
生まれ変わるサイクルの中にあって。
それは誰にとっても他人事ではなく、

まぶしすぎるものとか、に近寄れない。
頼り。ゆだねることとかに
妙に氣を使って 
距離をおいたりする。

そんな 想いがちらほら交差している。

弱っている自分。
疲れちゃってる自分。
そんな自分を真正面に眺めるような
ちょっぴりしんどい時間を。 
ご褒美の お休み時間を。
もらっているなら。

ゆっくりと。 
素直に休んだほうがいい。
こころゆくまで 休んだらいい。

いっぱい休んだら。


また 立ちあがれるから。


。。。
(矛盾しているけど)
でも。あなたは。。
やっぱり踊ったほうがいい★
祈りを 舞いにかえることができるから。

sund.jpg

生きている。 
はじけるような 喜びを みんなに
与えることができるのだから。

ありがとう・
踊ってくれて。
。。ありがとう。


2013_04_18


03  « 2013_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top