朝散歩。
白い羽根がふわら 
と空に浮かんでいました。

今日もすてきなこといっぱいだ!




夏休み企画盛りだくさん。
わーい。

∞龍岩笛WS∞

淡路島。
伊勢。
館山。
千葉太海 

の開催決定です☆
日程詳細はのちほどupしますね。


f4.jpg
観音崎で出会った龍岩笛

☆☆☆
全国の海辺で
岩笛を探して 
その土地のみなさんや ゆかりのある方と 吹く。
風を吹きこみ いのちを響かせる 
WSを開催しています。

ここの海でも開催してよ~。の声があれば
どこでも ゆきます。

ただ 必ず みつかるかどうかは
その海岸をみてみないとわからないのですが、

日本の安定した大地層ですので 大差はない。かな笑。
関東近辺 千葉外海沿い、東京湾内では
石灰質の岩峰ですので
比較的みつかりやすいです。

現地までの交通費、
おひるごはんはご持参ください。
基本的には 参加無料です。
岩笛をいれる 袋を ご希望の方のみ 有料です。
袋代 700円です。

いずれも 事前にご予約くださいませませ。
(事前調査も ご相談させてください)

luulla9☆yahoo.co.jp kuu いろのわ まで。


2013_06_30


今日は
おひとりさま時間をいただいたので
衣装のあわせと
アチューメントと祈りに。たまった仕事お片付けに
いそしんでおります。笑
エルフ達 ありがとう。


魔法学校
夏休みスペシャル企画のお知らせです♪


eden.jpg

§地球魔女会議§ 
ほっくる阿佐ヶ谷

8月1日(木曜日) 
10時30分から17時まで
今回料金は カフェ利用料金のみです。

(WS代は別途お知らせ。)
我こそは 地球魔女! ここに集わん。



この日は一日 kuuは ほっくるさんでお茶しています。笑
お好きな時間に
遊びにおいで~。


∞想い∞

地球で今おこっていること、や
氣になっていることは ありませんか?
わたしたち小さな魔女っ子でも
できることは あります。

みんなで 想いを寄せ
考えてゆきましょう。


たとえば
水不足 で こまっている地域があるとしたら
私達は 何ができるかな?
そう 水の女神様とお友達になったよね。
水を呼ぶこともできるよ・

熱いところへは 風の精霊を呼ぶよ・

想いが すべてをつくっている。

その 想いがうまれるところ。
それは あなたの 大事な 
あったかな こころ。

みんなにみんなにしあわせになってほしい! って 想う心から
はじまります。

(そこが肝心)


何がおこるか。わくわくです♪


∞内容∞

8月1.2日は ルナサード。
いろのわ魔女っ子は知ってるね☆

自然世界、ケルトの世界では
一年の収穫のはじまりを祝う 大事なおまつりです。

夏野菜万歳!
おいしい御米 稲穂が育ちますように。
にんじんごぼうも 大根も。
これから また 冬の為野菜たちを育んでくれ
私達に与えてくれる 大地に感謝!

というおまつりです。
もちろん精霊達も 大喜びです。



☆魔女会議。
参加無料 時間内いつでも~。
☆あなたのパワーアニマル、妖精さん、女神さまに
ごあいさつしよう!


包みを一枚ひいていただき
そこに隠されている あなたと深いゆかりのある
精霊達を 呼び覚まします。
そして彩り いのちを吹きこみます。

一枚:200円です。 


☆石を 感じてみよう!
チャクラカラーストーン や 原石などは
わたしたちにいつも語りかけてくれています。
実際にふれてみる ワークです。
何か 感じるかな?
おなかと あたまとに 乗せた時と比べて 
どう違うかな。

などなど 実際に感じることは
それぞれの 感覚によりことなります。

まずは やってみよう!  

無料


☆魔女の手仕事
羽根飾りや 石ビーズのちょこっと手仕事をいくつか
用意したいと思います。
何ができるかな。

1回:200円くらい


☆龍岩笛 吹いてみよう!
海で出会いあつめてきた 自然界のおくりもの 岩笛です。

☆そのほか
いろのわ商店も出店。
お楽しみに♪


☆☆☆

すてきな夏の日に。
みんなと一緒に過ごせるなんて とってもうれしいです。
ありがとう。

おまちしております。

☆お問い合わせは こちらまで☆
ほっくる阿佐ヶ谷
kuu いろのわ luulla9☆yahoo.co.jp

2013_06_30


何度も何度も
ゆすり動かされて。

ここまで。きたんだった。

目覚めよと ふたたび 声がする。




昨夜の夢は
大きな黒いクジラのような龍に 
追いかけられました泣
追いかけられ 今までの√を飛び越え
あらたな濁流へと 支流が本流になったような
visionでした。
昨年 金星に帰ったはずの友人と、伊勢の歌姫とともに
またあらたな 旅をする夢。
水のトラインが きいてます。
新しい流れに 乗りかえる時のようです。

みなさん どんな 夢を最近みましたか?




今日はガイアのアチューメントをしました。
その前に
エジプシャンカードを
めずらしく虫干し 笑

このカードは実は 
使い方がわからずに冬眠させていました。

大アルカナの数は一緒ですが
はじめがカオスなんです。笑


1・le chaosカオス
2・la lumiere 太陽・
3・les plantes 月?
4・le ciel ・空気
5・ワールド( terre)
6・les astres
7・protection
8・re pos 禁断の果実の景色
9・justice
10・temperance →

と続いています。



et.jpg
et1.jpg

ガイアのアチューメントの中に
まったく同じ景色がありました。
これは 地球誕生創世記を記した カードです。
何かの道標と感じました。
7番目に 鳥達の楽園。(天使だろうな) 
そのあとエデンの園の絵。

わたしたちは
今 新しい地球を創りだす時期にあります。

いままで ガイアよテラよ。
ありがとう。

これからは わたしたちも 一緒につくると。
約束するよ。


新しい 地球の創世記。
わたしたちは 何をつくりたいのかな。
何をつたえてゆきたいのかな。

テーマはいつも変わらないはず。

私達の こどもの そのこども。
ずっと 続く魂の連鎖を生命の連鎖を。
美しいひかりの中で。 どうぞ 輝いてゆきますように。

わたしなんかいなくても。
ぼくなんか いなくても。
地球はまわるだろう。

もう そんな時代は終わっています。

どんな地球をつくってゆきたいのか。
あなたの夢は すべての存在にとっての夢でもあります。
だから。

地球を一緒につくってゆきましょう。

そんな想いで 
今日は 地球をあるいてみませんか。

その一歩が
責任の重さではなく 誇りに 想うから。 














2013_06_30


22日。
ほっくるあさがやさんにて
魔法学校です。
今日は貸切にしてもらい正解!

また みんなとあえて うれしかったです♪
はじめまして♪ のおともだちも。
ありがとう。


夏至のおはなしをすこしして。
夏のエレメント。
水 の妖精さんをお呼びしたり、

それから みんなで 
水になってみました。

水のひとしずく から、

みずたまりでばしゃばしゃって 遊ぶ。

大きな海に入って
タイやじんべいざめ。 にあったよ!

浜辺にあがると
白い砂浜には
貝殻や、流朴が。。

いっぱい。

さあ。 これをひろって集めて
今日の手仕事
浜辺のおひさま。
サンキャッチャーをつくるよ♪

ma(14).jpg

みてみて~。
完成★


ma(10).jpgma (7)
ma(11).jpg

貝を選ぶところから。
みんな ちがうのね。
(けんかすることもなく。笑)

世界をつくってゆく。

ma(9).jpg

ma (12)ma (8)

君 にしかつくれないもの。

その たったひとつを
大事にしていってほしい。
君だけの魔法の時間。



ちいさな魔女っ子に人氣でした♪
遊んでくれて。
yoyaさんのギリシャギター演奏も
さわやかな調べ。とってもすてきでした。
ありがとう。(いつも☆)

ma(13).jpg


今日の魔法学校も
あっというまに 時が過ぎ。
お別れのごあいさつ。


また 秋の日に 会いましょうね。


夏を いっぱい遊んで☆


ほっくるカフェのスタッフのみなさま。
ありがとうございました☆
また 月曜に☆



☆☆☆
次回は 秋分。
9月21日あたりを考えています。
また 近くなったら
お知らせいたします。
よろしくどうぞ~。
おたのしみに☆

2013_06_23


21日アトリエでの
まほうがっこう。
雨がしとしと 降る中。
今日もありがとうございました。
学校帰りなので
もう 勉強はしたくないよね。
って 感じで笑

さっそく手仕事に。

今日は浜辺のおひさま。
サンキャッチャーを
つくりました。
つくりながらおしゃべり。
ケンタウロス族のはなしとかになりました。
彼らの持っている弓矢は
何に使うのだろう。 とか。
戦いにつかうのではないんだよね。。。

さすが 魔女っ子達。

迷いという霧の中の
ほおり火のように。 
先へ進むのをあかるく助けてくれるんだよね。

m (5)
m(4).jpgm(8).jpg
ma(5).jpgma(4).jpg

完成。
すてきでしょう。



母達が手仕事に、カードにおしゃべりに集中している傍ら
ひとしきり遊んで満足した魔女っ子たち。
手際良く
夏至の宴ごはんを つくってくれました! すごーい。!!!
母さん達は 食べるだけ!
なんて 夢のよう。

ホットケーキにサラダ。 
冷製△◎×□スープも異国風で笑
とっても おいしかったです。
ありがとう。

m(6).jpg

ろうそくの明かりをみつめながら。

こどもたちと こうして
楽しむ時間に。 
あらためて。 
感謝がほろりと
落ちるのでした。

日々の。
小学生は 実はすごくたいへんだと想う。
学校は其々違うけど。
こうして こころ許せる仲間で集い 
節目を過ごすことで
また 明日も がんばれるのだと想う。

こどもたちも それは
大人と同じ。

ひかりにみちた。
時間を。 

ありがとう。

2013_06_23


今日は魔法学校 夏至の巻。です。 
6月に入ってから  
あっというまです。笑
ぴゅーっと風の如く 準備中。

みなさまにとって。 すてきな 一日になりますよう。

fairy.jpg


★★★★★★
ご連絡。

今月の満月茶話会は 
おやすみさせていただいております。
6月23日の 大きな満月 を たのしみましょうね。

2013_06_21

走水神社

category: めぐる旅  

浄化とは。がサブタイトルです。
先日の観音崎の巡りは。
この走水神社が呼び水でした。

hasiri.jpg

港を一望できる高台にこの神社はあり
甘い甘い水がわいていました。
禰宜さん?宮司さんが やさしくて。
空氣をつくっていました。

ここに祀られている
弟橘姫命は ヤマトタケルが 上総へと渡るときに
海神を沈めるめに 身を投げたと 云い伝わる。
らしい。

tatibana.png

むむむ。

この石碑の姫の顔に似ているから笑
とかそういう意味ではなく
なんとなく 魅かれるものがあり、
館山海帰りの翌日 東京湾の反対側。
観音崎へと 飛んでいったのでありました。


ここ数日
セレーネやヒーリングワークの中でも
問いをくりかえしているのが
浄化について。

浄化とは いったいなんなのか
わからなくなってしまったから。
スぴ系だけに限らず 清めること、あらたかにすることに
浄化という言葉を使うけど

実際 どろんこになった手などは
洗えばきれいになるし。
お風呂に入れば さっぱりするのだと想う。

だから
誰1人として 穢れている存在なんか 
いないのだと想う。
償うことなんて ひとつもないのだと想う。
私はまた 思考網にひっかかっているのだと 想うけど笑
考えてみたい。

浄化といえば 
少々の痛みや苦しみが付随するものである。
という定義を
もう、ほんとに手放そう。
いっぱいがんばってきたのだから、
苦しむ必要なんてないのだから。


魂が響くような
そんな生き方をしたい。
自分を変えたい!と
本氣で想った人に 苦しみがつきまとうなんて
おかしい話。

喜びのままに この変化を生きよう。

そう 氣持ちを 決めるだけで。
すんなりと 統合されてゆくのだと想う。

「喜びのままに ここに。」


そのようになってゆくから。


。。。。。
弟橘姫命に寄せて
海岸で波と戯れる。


身を捧げるほどに 想い、
手放したいものが あったのだろうな。

なんて。。響く。  


深読みはしない。笑

★★★

HP走水神社 :神奈川県横須賀市走水 
姫に会いに どうぞ ♪ 


2013_06_19

category: 日々  

近頃
空が広く高く なった氣がする。

sora6.jpg

たぶんそれは 氣のせいなんかぢゃなく
我々の意識の拡張と
リンクしているからだろう。

。。。
東京今日の荒嵐は 
何を運んでくるのだろうか。

そうだ 新しい風になろう。

ということで今から アテナ Athena へ
新しい私の名刺を受け取りにいってきます。

2013_06_19

観音崎

category: めぐる旅  

龍笛=石笛を 譲り受けてから
というもの。。
めぐる旅には道連れ。どこでも。笑

どこでも ピーピーと風を吹き入れ
見上げると 鳶が飛んでいたりするのでした笑
修行したら 鳶使いになれるかな。

isib8.jpg



私の笛系への探求歴はかなり古く、
粘土でこね 縄文式野焼きで 
土笛をつくっていたこともあり、
古来からの 笛。楽器ではなく 何かそうした
意をこめた 震え響くもの。 に魅かれる。

実際現在でも 石笛は鎮魂の儀に用いられていることも多く、
自然が生み出した賜物としても、
何かが宿り、どこかへと共鳴し、
この耳に触れることない 響きを
奏でているのだと 想ったりもする。

まあ。私の場合
そんな仰々しい感じはなく、
ただ 自分の息が 風なのだな。と
知ること。
シンプルに 風の音が ここちよいので吹いているけれども、
そういえば
法竹ほっちく (中継ぎなしの穴をあけただけの 尺八長さ八寸超えてたりする。)
を吹く姿勢。吹禅とも云う。
それを 私らしく 
暮らしの中に落とし込んだ姿なのかもしれない。
法竹はいわゆる曲を奏でるものとなっていて
無邪気に風と戯れることを
楽しみとしている私には
今は 縁遠い感じになってしまっている。
曲が吹けたら 素晴らしいが、
失うものもある。窮屈に感じてしまったんだ。

法竹といえば虚無僧だったり、わたづみだったり。
有名だけど でも もともとは 
枯れ竹に 風が吹きこんだ 音色。
がはじまりで ある。

岩笛と同じ。


今 私は
風となって 岩に吹きこんでいるのだと。
そう想うだけで
軽やかに舞いたくなるのだった。

鎮魂の儀に一度は使わせていただいたが、
どちらかというと
己の魂を沈めるための 音色と行為だと感じている。

吹禅の意と 同じ。 一音成仏。
この一音に魂をこめる。

とてもシンプルだと想う。


uraga.jpg
 

海岸へ行けば
その地で 穴のあいた岩を拾いあげ
吹きならし その場へお返しする。
氣になったら 持ち帰るけど
結局どなたかへ と 届けることに。行き先は決まっている。笑
全部持ち帰ってたら 
大変なことになっちゃうしね。


そんな感じで 今日は
観音崎に行ってまいりました♪
関東エリアの海岸は制覇したいな。と想い始めました笑やばい

hasiri2.jpg

内房の館山より 波が荒いのか、
牙孔貝が多いのかな。
岩に穴がいっぱいあいていた。。



。。。説明遅れましたが
岩笛の穴は 砂がぶつかって徐々にあいたものと、
牙孔貝という二枚貝が生息の為に掘った穴と いろいろある。
岩笛の穴には そんなわけで 貝が入ったまんまのものもある。
弁のようだしかわいいから 
そのまま吹いている



今日もいくつも ひろいあげ、
吹きならし 海岸沿いをご機嫌に歩いてきました。
私が吹かなくても
潮風が 岩を撫で
いつも美しい音色をかなでているのかと
想うと くらくらとする。

海辺では 今日も
どこかで誰かが 唄っている。喜びの唄。

kurag.jpg

ありがとう。
















2013_06_17

海に。

category: カラフル  

峰々から浮かぶ雲が生まれる瞬間を、
杜の木々の息吹が 天となる瞬間を
久方ぶりに みることができて
うれしかった。

zyouki.jpg


科学的に云う蒸発なのだけど、
私達のからだからも そこここからも
雲が生まれ お空に昇ってゆく姿が
そして ここにもう一度帰ってくる 水のしずくだということも。

とても 幻想的だった。

今年も
空梅雨で もしかしたらめぐみの雨は
少ないかもしれないけど
なんか 大丈夫ぢゃないかと 想った。無責任な発言で。笑



朝はやくから
海へ 流朴を拾いにいったのだけど、
途中ここちよい スコールに打たれ
たたずんでいた。
短い雨は過ぎ、 おひさまに照らされると
浜辺から 一斉に蒸気があがる。。
向こう水平線は 堺はなく どこが水なのか辺なのか。
わからない くらい 濃霧に包まれる。

霧と云うのは
音さえも 包んでしまうのだ と 知る。
波の音さえも 一瞬消えた。

雲がうまれる瞬間を
雲の一部として 水を放つ己を 知る。

わたしたちが 放っているものは
いわゆる 言葉やひかりだけではなく
きちんと蒸氣も放ち、 少なからず自然の理の一端を
担っているのだな。
水の極小なつぶつぶと ひかりの点々と、
あらゆるものが 発せられていて。

きれい。

みんな とても きれいだな。 と 想う。  

  









2013_06_15


本の虫。自称文学少女だった 私。(偏りはあるかなり)
最近は 自分で本を選んでいないような氣がする。笑
蔵書はほうろうへ手放し。いつからか図書館は俺の書庫扱。
来るものは拒まず的な性分。友人がおすすめてくれる
本を呑み込むように読み、
ほとんど連鎖的な本能ににた行為で
その道筋を道草しながら辿っている。
そのゆだね具合が 今は楽し。


精霊の守人もそれ。
龍とかと戯れている姿をみて
これは!!と感じてくれた 目利きの彼女がすすめてくれたのは
獣の従者。 (只今図書館予約中。)
をまつ間に この方の初期の作品を先に
詠むことになった。
それが。ジャストな出会い。

作者 上橋菜穂子さんは 1990年代に これらのシリーズを
創造している。会ってみたいな。

児童文学の部類だけど 
アボリジニの研究者でもあるそうで。
ものすごく深い。
感覚描写の。言葉の選び方とかも好き。
異国のその時代の薫りも、衣装もすてき。

。。。
実際に その 空間を知るひとでないと
できないような 
表現。たとえば
サグ:この世 と ナユグ:精霊の領域。
は まさにそんな感じ。



「今」 にありながら
時を同じくして。ここに存在している
別次元の何か。 を 微細に描写している。

だからといって
今に
重なるように
ひかりが走り、 龍が螺旋を描きながら
目の前を在る姿に どきりとするのは
まったく 変わらない。 (実は極に臆病ものである。)

。もともと境界はないのかもしれない。
さらに融解している。


両方観る。

ということを選択した方は、
否違うな。 
すべてを楽しもう!と 決めた方は
きっと 同じよな 感覚をこの世でも
パラレルに満喫していることと 想う。


確かにaru

。。。
昨日まで干物のようになっていた
さぼてんが 
息をのむほどの ひかりを放って
華を咲かせて こちらをみていた。

sabosa.jpg

小学生達にさぼてんの花が咲いたよ♪
ってはなしたら
昨日も咲いてたよ。 といわれる。
はっとする。。。。昨日は超高速でいきていたので
華がひらいた時空とは別のところにいたんだな。

と。 氣づく。。。。

ゆったりと まっすぐな めぐりが
草木達の時空。

いつでも。
この草木の時空現にいられますように・
氣づくとは そういうことなのだろう。

すれ違いの中の 一点。

amto.jpeg

あむは 観ていたよ。にゃ。

2013_06_04

表富士

category: 龍たち  

一般的に
富士山登山は吉田口から が多いようですが、
今回は 富士のもうひとつの顔。
表富士へ。きのこ狩り以来。
少し走ると牧場風景で 山裾がきれいに、
そして富士が大きく 見える。
 
fujikumo.jpg


2合目にあるキャンプ場へ
導かれる。
毎度そうだが、
巡りの旅は なんの調べもない。笑
わくわくのんきに出かけるのである。


前日にスサノヲから ソードをもらいうけていたので
これは 何かあるのだろう。と。
察するが。ここまでとは。。笑


キャンプ場には
最新に発見された 風穴があり
落ちないようにかな、とにかく不気味な感じで
蔓だらけの柵に囲まれて
土砂で埋まっていた。

kanban.jpg
写真はなぜか 手元にない。看板のみ。

テントサイトではなかったのだけど、
許可してもらい、
風穴の傍で 一夜の宴。今宵の寝床を整える。

猫あむは 鹿の存在に否 もっと大きな存在に おびえて
テントから出てこない。笑


amufuji.jpg


夜眠ると(ここは夢ね)
すぐに 大きな大きなコンドルが テントへ舞い降りてくる。
食われる!!と 想いながらも
見つめると、
私を守護してきた コンドル。
大きなコンドル王だった。

ここへと誘われし理由を
伝えにきてくれた。
ひとつのセレモニーを行うため だという。

最後まで はなしをきき。

はっきりと。

「できるかどうか。
  わからない。」

と断言すると,
まあ そう云わずに。 と一笑される。笑

まず恐いし、
後で憑依されたらどうするんだよ。 と。
びびりな私は ぐちぐちいいながら

その手順を
聴く。




朝、目覚めると
ひとりになる時間がちゃんと 用意されたので
云われた通りやってみる。
途中からすべてを受け入れて
成せている自分を 冷静に見ながら。。


その風穴に眠る 緋龍は。
ずっとこの地を護ってきた。
そして たくさんのわれわれの願いや想いを
享受し 昇華させてきてくれた。

このたび

彼の願いは
ひとつ。 ここから 解放されること。
役割をしっかりと終えたのだ。

彼自身も呑み込むことができなかったもの。
 
それは われわれの 否私だろうな 
溜めこんでしまった 
さまざまな想いや怒り。たくさんの感情に
耐えることが もう 難しくなったのだ。
もう 耐えなくても いいのだから。

みずからと共に まるごと
天に、空へと 昇華することを 望んでいたのだ・

ありがとう。
今まで どうも ありがとう。



スサノヲがおしえてくれたとおり、

8回ずつの巡りと、
浄化。祈りをささげ 岩の龍笛を吹きならし、
八角を抑える・

8という数字は 元来は囲い、安定。
封印の数秘だけど、
よくできてるな。 と 想う。

4系列の倍数は 本当に
安定する。
空間を清浄化させるのに いつもその力をかりている。
しっかりと 守られ
何人たりとも。 決して必要のない存在は
入ることができないのだ。
8に感謝。∞に重なる。

グリットを組んだ後、

真ん中に レインボーオブシディアンの
玉を投げ入れよ。 との 指令でした。笑
たまたま 持っていたのですよ。こえっ泣
浄化と 暗闇にひかりを 照らす最強の 石です。こえっ泣。
照らしてよいのかどうかは
わからないけど
とにかくやってみます。

それが 彼の願いなら。
これが全ての存在の願いであるのなら。。。



宙にほおった
レインボーオブシディアンは
風穴の真ん中へと沈んでいったのでした。

仕上げの 9 の点に
あたいする そのひと石は、
深く深くへと地中へと 入り、
緋龍 彼の軌跡を辿るように
ひかりを放つ。(9は変容の数字。放たれてうまれかわる。)

風穴から 解き放たれた
真っ赤な龍は 

まっすぐに
富士の頂をめざし 飛んでゆく。
峰々を超えて。

そのあとを守護するかのように、
大きな 白い龍雲が 大空をわたる。
よっし 大丈夫!

fuziryu.jpg


ありがとう。
時は 今。
あなたを 解放します。

ありがとう。。


★☆★

緋龍は
数か月前から 瞑想であらわれていた。
どんな存在かわからないので
恐かったら 走って逃げる。笑 
というのを信条にvisionクエストを
おこなっているのだけど、

恐くないのね。このこは。
ずっと ずっと 前から知っている感じがしたから。

ただ この子には一点の恐れもないのだけど、
付随する その漆黒の空間や背後に揺れている存在達には
近寄りたくなく 妖氣が立つ感じ。
どれも 我々がうみだした存在にすぎないのだけど。。。


hiryuf.jpg


近頃
ひとつずつ、否まとめて
扉を開けていっているのだけど、

これは あくまで私の人生のひとこまですが、

少なからず
どなたかも この富士に限らず、
この時代で
リアル魔界伝を 生きている人もいるのだろうな。

私ひとりでは、
やりきれないので。

どうぞ、
そんな お告げのような、
セレモニーの依頼があったら
恐がらず、 やってみてください。
それは 自分の中に深く眠っているもの。 
もうすでに 学び修了の合図であったり、
しがみついていた 何かを 放つ為の
きっかけ かもしれません。

私のように 大義名分、
すべての存在の為に とか、とってつけたような
ものでもなく。笑
純粋な こころ動かされる
ものでしたら、 
きっと それは 自分の為 を 余裕で 超えているものだと
想うからです。

過去をわざわざ 掘り起こすことは
もう しなくても いいのだと想う。

でも、 浮かんできたものに関しては
ああこんなこともあったのか。 と 認めて 瞬時に
空へとほおり投げる。
という ことを、 実際の肉体を使ってみるといいです。
野球ボールを空高く 投げるように。

あなたから 離れた瞬間、
ひかりとなって 消えてゆくから。。


長くなってしまった。
お付き合いくださって ありがとうございました。
めずらしく ごあいさつ。 笑




eruf.jpg

樹海のエルフ達。
2013_06_04


05  « 2013_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top