オリーブの賢者よ。

oli.png


あなた達は 
何を めざしまっすぐに伸びてゆくのか。

問いしもの 人間よ。
わたしは そなた達人間の さすものを
めざすのだ。

向いの 八重桜のおばあちゃん に尋ねられる。
人間よ あなたは何をめざすのか。
八重に美しい人よ。
あなたの 向かうほうへ
ひかりの射すほうへ めざします。

けれど
わたしは ときにわからなくなるのです。
迷ったら あなたに聴きます。
迷ったら 教えてください。

そうして
風に乗せてくれました。

問うと答えてくれます。やさしい人たちです。
いつも ありがとう・





2013_08_31


伊勢の友人家で
藍染めのWSを開催することができました。

歌姫が参加の呼びかけや、
おひるごはんをつくってくれました。
太陽の舞人は 川で バグパイプ奏者御家族を
ナンパしてきてくれました。
ありがとうございました~。

今回は
科学発酵立ての藍染めをメインに
乾燥葉を火にかけ抽出。
そして たで藍ではないけど
御庭に生えていた たでの葉で 急きょ叩き染めをしました。
すてきな色に染まり 大満足!
あいよありがとう。

aiise1.jpg

途中 ずっと日照りだった伊勢に めぐみの雨がふりました。
すぐにあがり 熱もさめ。
どこかで 虹が出ている予感。
みえなかったけど そう 。うれしかった。

偶然川沿いで
バグパイプを練習していた
すてきなご家族。 (奥様は藍染めのパンツをはいてました~!)
あいの ご縁はつながります。

aiise.jpg

急なお誘いですのに
演奏をしてくださいました。

山への響き。

そして 染めあがったみんなの藍布へと
音色が重なり 深くふかく そまってゆきます。

すてきな時間をありがとうございました。
伊勢で3姉妹で やおやさんを営んでいる方。
はるばる津 から来てくださった 創作中華のお店の方。
不思議な音霊の妖精姉妹 などなど。

あえてうれしかった。

また 11月頃・
伊勢の秋色を。 一緒に染めましょうね・ 


ゆきちゃんかめちゃん。
ほんとうにありがとう! 愛してるぜ!

2013_08_29

二見輿玉神社

category: 祈り  

ずっと行きたかった
神社。
昨日までのしっとり雨はあがり
さわやかな晴天也。
神々の風がふく。

水飛沫に歓迎されて御参り。
少し荒れているくらいがちょうどいい笑
波はたっぷりと みちている。


神社や寺。杜や海。
こうして旅を重ねるのは
あらたな自分に会い続けたいから。
静かな。 場所にいたいから。
日常も祈り。
だから 時を楽しめる。ありがとう。

この旅では
懐かしい友にたくさん会いました。
道後も淡路島も伊勢も。

またこうしてそれぞれの時を越えて。
支流が 大きな川の本流へと注がれるように。
この人生で 偶然を装い 出会いまた ふわり離れてゆく。
それでいい。

みんなが幸せで 嬉しい。
ほんとに うれしい。

いろんなことはあるけど
いろんなことがあってよかったね。

今 を どこかで
共にいられることに。
感謝しています。

hutami.jpg

二見輿玉神社。
また、
あらたな誓いを。
(あんまり内容は変わらないけど笑)
さらなる
光の道へ
この私の魂の願を。
納めさせて頂きました。

すべてがあり 栄えてゆく、
感謝と。
それに遣わさせて頂く喜び。

魂のおこり。
燃えさかる生命松明。
意志をあらたに掲げさせて頂きました。




ここにあるのは

喜びだけです。


1308i.jpg

この巡りの旅では
その声ばかり聴こえてきました笑
どおりで めでたいわけです。笑

蓋をあけてみたら
喜びの強化合宿です。大笑

鍛えられ。

今 帰路へ。


泊めてくれた友人家族たち。
ごはんおいしかった。
アムのお世話を噺家さん。
御留守番のギリシャ詩人も。
全員 人型神々のみなさま。
お世話になりました。
すっかり
甘えてしまって。

みなさまありがとう。

みなさまに愛をこめて。


旅の記録はのんびりUPします。
おたのしみに=。 dave 笑




二見輿玉神社
夏至の朝日は この夫婦岩。
ふたつの岩の間から のぼてゆくそうです。
いいね。

2013_08_27



淡路島へ
大好きな友人家族を尋ねました。
瀬戸大橋をわたり
渦潮のあとの
広がりを 観ました。

キラキラの海。

龍笛に 巡りの感謝をこめて。



2013_08_22

発心

category: 未分類  


徳島霊山寺。
大麻彦神社へ。
一番札所。
88箇所を目指さず。 四国を尋ねたら
巡りたい。

誰かの何か。
私の何かのためとかではないかもしれない。
ただ
こころが 願を発せるまま。
いつかのはじまり。




2013_08_22

no title

category: 未分類  


道後温泉のはじまり
たまいしたましいの上で少彦名神は
喜びの舞。

続きはまた。



2013_08_22

no title

category: 未分類  


道後温泉。
大国主と少彦名神が呼んでくれました。 湯魂。屋根瓦にあるこの印がそう。 波紋がひろがる。

儀式のような 禊のような
おもてなしに 感激。

弥栄。 もっともっと 栄えよ。
湯殿の神々が 笑う。





2013_08_18


アリエッティを見逃していたことに
昨日氣づきました笑

ジブリ作品は巨大な大衆visionですが
観ずにはいられません。駿viva 。


風立ちぬを観てきました。
まず予告の
ゆーみんの唄だけで 
泣けてしまいます。笑ぼろぼろです。


この日本の 今に
なぜ駿はこの作品を世に生んだのだろうな。
なんとなく。やっぱりすげーな。と
受け取ったものがありました。

観終わった瞬間にはわからないものが
どんどんとこころへと あふれてゆきます。

感想は これから観る方もいると想いますので
内緒にしてこう。
ただ ちょっと おすすめです。
低学年頃の子供達には難しいかな。 
少し大きい子には 好きなシーンがあるかもしれない。
 

。。
夢というものは ごく個人的であるもの。
その夢への 信頼というか  
確固たる何かがある人は
こうして現実の波には 巻かれずに。
凛と進んでいる。 

そのようにみえるけれど

自信の強さは 同時に世界を現実を創りだすちからがある。
それは時代だったり 歴史になったりする。

夢はひとりのものだけど
そうした みんなの大小さまざまな夢が混じりあって
すべてに巻き込まれて  
世界はつくられている。


夢は それ自体が生命力をもって動き出した時
どんな側面をもっていても
どんなものに変化したとしても
自分に見える 夢の部分だけは美しいものであってほしい。


そう 誰もが願いながら

今日も夢をみる。
夢をみるから 生きていられる。




音や映像すべてが 息吹く映画でした・
ガイド的存在の入り方とか 
空への憧れは共感します。

ポップコーン山盛りにしてどうぞ ご覧ください笑

2013_08_14

森に還る

category: 祈り  

福島いわき森でのmodernartfes
アートミーティングに参加してきました。
tabitt.jpg

tabito.jpg


田人は美しい森。

tam.jpg

。。。

3年前の8月は
いろいろありましたが
いっぱいある中でも 自分で今できること。を と想い
熊本高森で親子キャンプを主催しました。
恐怖でいっぱいだった 私は
森に癒され 
自分なりにこれからの 
生き方を この先の道を 立ち止り 観ていました。

その直後に 尊敬する友人の猪苗代こどもキャンプに参加し
森に抱かれ。
おなかの真ん中に落ちる。

時を贈られ。
いろいろほどけて
今があります。

。。。
娘を抱きしめながら
祝島の港で 泣きながら ただ謝ったこともありました。
もう この美しい日本を 
地球をみせてあげられないのかもしれない。
この大好きな地球を あなたに
繋いでゆくことができないかもしれない。

そう押しつぶされそうな想いにいっぱいに支配されながら
行き場のない想い・。。絶望。

ごめんなさい。


ただただ 悲しかった。


137bu.jpg


そんな日々も とても
大事に想う。


矛盾や。
すべてが含まれた今。

森にたつと。
その美しい光。生命力を。感じずにはいられません。
その姿には畏敬の想いのみです。


tam2.jpg
tam1.jpg

わたしの目の前にあるものをとおりこした
もしかしたらあるかもしれないもの
平均値で統計値で測られた数や恐怖や疑いの念は
今はもうない。
というか いろいろ考えたら
もしかしたら あるかもしれない。
日常をここで暮らす子供達のことを考えると
何も云えない。わからないんだ。




他の誰の眼でもなく 
己の。眼前にあるものが 真実だとしたら
考えず ただ 観ることをすると。
私の中からは その方程式はふっと 
消失してゆく。



たまにいくから 
そういう勝手氣ままなことを云えるのかもしれない。
ここで生きていないから。未開的だから。 
たいへん失礼なことを無責任なことを。。。

そう云われてもしかたない。

けれど たまに訪れる私のような人間が
癒着された疑いの眼を持たずに

自然を森を ただ美しいな。
と 賛歌を送りあるくことも いいと想う。
とっても 自由なのです。

感謝だけが この胸から とびだしてゆく。

tabio.jpg


森は汚れてなんか いない。
海は 死んでなんかいない。


きらめく生命だけが そこにあることを。
私はこの目とこの足と 
体全部で受け取る。私なりの巡礼。


霧が晴れてゆく。

森に還るとわかることがある。

森は待っていてくれる。ずっと。

2013_08_14

花火

category: カラフル  

館山湾の花火。
今年も美しかった。
扇形に広がって 孔雀みたい。

花火は好き。


1388hn.jpg

1388ha.jpg
phot:A




2013_08_08


太陽からのひかりの道。
近頃は私達が海へ向かうと 魚がはねる。笑
魔法か!!(いやいや水温の加減とからしい)

理由は なんでもいいから。
共に喜びあっているみたいで うれしい。

1388hhi1.jpg

今日は太陽が見えなくなるまで。
空を みていた。
オパールのような 乳白色の海。
白い光線から 金色。 
赤になる。

1388hi.jpg
1388hi3.jpg

ひかりの射すほうへ。

私達は 光に向かって歩いていると想っていた。


でも それは そうでもあるし違うのかもしれない。


私達はどこへ 向っても
こうして ひかりを届けてくれる。。
いつも いつでも。



私の足元は。
こんなに明るかったか。

今は 迷い足も千鳥足も。勇足も。
この一歩が。 
よーく見える。みえてしまう。笑


今は 照る。





2013_08_08


昨夜はスクールの
皆さまお疲れさまでした。
総勢20人4時間越えのスカイプには驚きです笑
深夜便星ツアーもなんとなく慣れてきて
集うことが楽しくて 笑みが浮かびます・
修了した後の ガイアガーデンでの振り返りというか 
立ち話が いちばん好き笑
だって おかしいんだもの。

こんな時代が来るなんて。。。

ひかりを送りあったり
星の人たちとの再会も。
ものすごい速度で進んでいる。 
ここにいながらにして。

意識の同調。意図することの自由さ。。
孤高の領域だと 想っていたけれど 
共同作業も おもしろいのです。


。。。
昨夜は 卒業式のようでした。
一区切りまた 魂が成長しました。(おかしな言い回しです笑)
エンジェルレイがはじまってほどなくして
神棚に上ったあむが セレスタイトを おこっとしました。
夜中にものすごい爆音です。
けがはなかったようでほっとしたけど、
もともときらきらの アクア色した セレスタイトは 
みごとに粉々になって
床が星空のよう。 美しかった。 

セレスタイトは 純粋な言霊。伝言。
天使の翻訳機のような 役割です。
チャネルする際にも調和をもち 変換する。 という感じ。
12月にもらって以来大活躍でした。ありがとう。

受け取った言葉やヴィシオンを
まっすぐに捉え、 瞬時に変換する。
すべてにとってそれが 活かされてゆくのだと
感謝しながら。

そのセレスタイトの役割も今 変容します。
粉々になったものは小瓶にいれて
必要な人たちへと 
届く形状に自ら変化しました。
(魔法学校や茶話会の時に おわけしますね♪)

翌日 驚きですが
まったく声が出ない瞬間を一時的に経て
調整完了。
新しいセレスタイトのエネルギーを 
しっかりと私の声帯に受け取る。

もう かたちをとどめておくことができないくらいに
いっぱいいっぱい にひかりが広がってゆくのだと
想う。

これから どうなるのかしら笑。。。。

。。。

138yama.jpg

エンジェルレイの際、
大きな サンダルフォンがやってきてくれました。
サンダルフォンの守護領域は
地球学校です。すでに入学しているのだそう笑
天使達に関しては無知です。
これから いろいろと教えてください。

地球や環境に関して。
今まで以上にかかわることになるのかもしれない。
とは云っても、
海で大地で しあわせそのもので在る が 
いちばんの活動だと思ってます笑

喜びを持って続けます 笑。。

sanda.png

アウラソーマでは
サンダルフォンのカラー。
セレスタイトは ちょうど こんなAQUAな色でした。


私達の中にいる 
star child は 今 大きな天使になる。



2013_08_04


昨日は ほっくるさんで 
地球魔女会議でした!

138ma.jpg

一日中 ゆっくりとお茶しながら
子供たちとあそびました。
ありがとう!
いつもの魔法学校とは違い 
のんびりと時を共有する。。。
それだけで うれしかった。 ありがとう。天使達。魔女っ子達。


すてきな出会いもありました★
魂の振動。 
これから 楽しいことをご一緒に創造!妄想!してゆくのかな~。
というご縁。
さっそく ハロウィン企画を約束しました笑。
よろしくです。また おしゃべりしましょうね♪

さてさて~。
いっぱい描いて持参した
パワーアニマル&守護精霊のWS。
みんな楽しんでくれた!

138ma2.jpg
138ma1.jpg

はじめはひとり一枚籤引きのように
包みを選び、その中にある 存在を彩り、
名前を付けたり、自分のハートと結んでみたり。
という petitセッションの予定でしたが。。

一枚なんて。。ひとつだけ。。
なんてケチくさいこと無し!!
という感じで。わたしの制限をはずしていただき笑 
1人10枚以上!笑 選んで
次々に彩り おひさまの光にあてて 
完成させていました笑 
(窓辺に展示させてくれたのも。嬉しかったです。)

138ma3.jpg

ここで学んだことは、
子供達のことを ほんとにたっくさんの存在達が
常に常に 護ってくれている!
という あたりまえだけど 発見でした。


この日の為に
必要な存在達に協力を得て
想うがままに 絵を ラインを描きました。
たとえば
鹿の絵は2種類あって 少し若い森の英雄的存在。
もう一人は 暗闇を先を 照らすような。雄大な森の王様。
描いている最中は 
頭の中が 物語でいっぱいでした。

その想いは届いているんだな~。
おとこのこも、おんなのこも。
お氣に入りにしてくれたようです。

ラインだけの 精霊達の絵に
それぞれの想う色を乗せて 息吹が吹きこまれている。
風が吹き、ぐるぐるっと浮かび上がってくるものもある。
動き出すのです!!
本当に 子供達って 不思議・
そのままで 魔法です。

ありがとう。

このシリーズは 今後も増やしていこうかな。と
考えています。おたのしみに★ 

地球魔女会議。というネーミング。
なかなかだと思っていましたが、笑
子供たちには、 今が。そして これからも。等しく。 
最高に。幸せである。
という こと。
あらためて 想い。
そんな 希望の光達にこうして出会えた。。。
感謝です。 すてきに育ててくれてありがとう。

お母さん達とは 
これからの食に関してや、地球。環境。
子供の生活に関して氣になる点などを
共におしゃべりしましたが、
いろんな視点や立場、ジャンル から。
想いを 持ち寄り
すてきな世界を創り続けてゆきたいです。

地球魔女会議は。
懲りずに 次は お母さん達と共に!かな。
また 定期的に開き 集えたらと、考えています。

ソレカラ。。
私のまわりにいる
みなさまは ほんとうにすてき★な方ばかりです。
ありがとう。

だから。 こころから。
これからも 大丈夫! と ぜ~んぶOkだと。。
確信して 歩いて行けます。

ありがとう。


ほっくる阿佐ヶ谷のスタッフさん。オーナーさん。
いつも、今日も ここちよい空間をありがとうございました。
8時間も長居 笑。。
また 会えるのを 楽しみにしています。
次は旅の土産話もってまいります♪



 

2013_08_02


07  « 2013_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top