調律

category: 日々  

小さいころから
ぴあのの調律の音を聴くと
ここちよく。ねむーくなってしまう。

なぜだろう。

140125.jpg


ぴあのに限らず 
西洋的な音つくりは、
ドといえば ド。
Cなら ツェー。
基準となる音がありそれらは奏者に異なるが
均一に音楽されてゆく。

もちろん和楽器や民族楽器にも。
龍笛や尺八でも イロハがあるけれど、
微妙なほんとに微妙な 
湿度や温度によって
全体的に変化していても。
あたりの空氣が含まれて 調和してゆく。

音が 揺らいでいる。


遠くで聴コエル。


楽器によって。
聴かせどころはいろいろだから。
たのし。







ぴあのの調律の音は


音と音との間の 音があって、
その間を小舟のように ゆられて
まんなかを 決めてゆく。



音を探す 音。


は 
わたしたちの中にあるものと
共鳴しているのかもしれないな。


常に鼓動し、
震えているわたしたち。



楽器のよう。

2014_01_26


陶彩画の
草場さんのガレリアが閉館されるので
星友とまたお邪魔しました。
今回は連続サボり更新中の姫も一緒笑
満員でした~。

。。


今回は、菩薩さま。そして
やわらかなひかりの抽象画。
奥の間に 龍達ふたり、そして 不動明王さまが
いらしました。

金龍は 落雷があり、まふたつに割かれ、
金継してありました。
パワフルな作品。と。

「ときはいま」

という 虹色ちゃんの作品。
漆黒から浮かび上がる 朝焼けのように。
虹色の時がゆらぐ。


龍宮の天女ふたりの舞が。
ふたりで懐かしく。。鈴のよな音のする玉を
ころりと震わせながら 舞うのです。

。。。




満員でしたが、お近くの方。おすすめです。
作品展は。いつまでだったかな。
追記しますね。。





草場さんは絵本も創っています。

tunagatte.jpg

へそのを が
うわ~ ずっと繋がっているの図。

わたしたちをこの世に 
繋いでくれている
このへそのを は、
いったい 何処へ繋がっているのでしょう。


はじまりのおかあさんまで。。。














2014_01_24


先日 いろのわ商店の
アースウィービングに関して
記しましたらば、

みんな笑ってくれまして笑
古風過だ。小切手かよ。 と。笑

そうですね。。。うむ。


。。。
と陰暦正月に向けて大掃除をしていましたら
驚くほど大量の未使用の〒切手が
書類類から発掘!!!!!!
昔仕事で使用してた御土産ね。。。

amとおはなししていたら

アースウィービングで
大事にしたかったことって何。
流通させる方法や手段ではなかった。
いろんな土地の色を
届けてあまねく わっかにしたかった。
のではない?

そう。
それだけ。


余計な心配をしなくてもいい。

。。。

大なり小なり、
あいもかわらず いろいろいろいろ
起こるけど、

それでも
こうして 決めた!って
云ったり この手から離したり、 こうかな。って
ほんとうに想うことを 伝えたり。


実際にどうにかこうにか
。。。描きます!!!
と シンプルに放った瞬間に。

驚くべきはやさで
叶ったり。なんとかなったりしてゆく。

ほんとうは めんどうくさいことを
抜きにして、
ものことって 動いてゆくものなのかもしれない。。。

とも 考えたりする。

めんどうくさいことにしているのは、
実はわたし。
ささくれに ひっかかっているのも
実は自分だけなのでは。笑

と わらってしまう。


どんなふうに。なりたいか。。。
どんなここちか。。。



ここ数日の出来事はどれも。
how to~ではない、
真ん中を、ちゃんと表現する為の、
方法論にこだわったところを
あえて もう一度再現しているかんじの
出来事ばかりだ。
またリバイバルするかどうかは、
すべて まかされている。うう。




そう。
求めるならば そのように。








ということで 前言撤回。

アースウィービング部は 当面
送料無料にて。

みなさまに
海や山をいろいろを お届けします♪

写真がすてきに撮れないので
31日の旧暦正月以降に 
ちゃんと紹介できるかな。


もうしばらく おまちくださいね♪ 

いつもありがとう。 

2014_01_24

騎龍観音

category: 龍たち  

石友から文。
騎龍観音という美しい画。39>

haradanaoz.jpg


ああ!この龍
どこかの寺で観たな。ああここここ護国寺~笑

という感じで、
龍の顔、覚えているものですね笑
絵葉書の裏に護国寺所蔵とあり。笑いました。

原田直次郎さん明治23年画。
今は国立近代美術館に所蔵されているらしいです。

護国寺には
その写真が飾られていました。
陽に焼けて、マジェンダピンクの神々しい装いでしたが。。。

haradanao.png


辰年も巳年も超えて、
午年になりましたので
少し荷が下りましたでしょうか。
龍達よ。

と忘れちゃいないか?と
こうして、絵が飛び込んできたり、
手渡された絵本に 龍の噺がでてきたり。


大丈夫。
いつも傍に笑


。。。。

わたしたちは
いつもずっと何か足りてないような、
かけらのような。
心細いような。
そんな想いを抱く癖を抱きしめている。

いつも。消えない。。?



1401221.jpg

半分のお皿に描かれた龍。

娘は
「大きくなったら
揚子江へあなたを連れてゆくから
待っててね。」
といいました。

まんまるになった
龍は
故郷の川から、
再び 娘の元へ戻ってきました。
お礼と。そして
傍にいたかったから。

。。。。。



馬には
蛇と龍にはないものがあります。
そう 比べると 
かみつかれそうですが笑
アプローチの仕方が違う。
それぞれのお役割があり、ありがとう。
それをちゃーんと 経ての今。

馬が 地を 駈けるように。
全力を疾走できるかな。

あの美しい姿に。


願うより叶えよ。  


これが 本年 
目覚めの一声でしたので。笑
(まじすか。)

龍達から引き継いだバトンを叶えてゆくのは
わたしたち 
地を歩くもの。(いろんな意味で)

2014_01_22


こよみでは。
2014年になってから。
未だ21日しか 経ってない~。

と。ちょっぴり驚きました。
密度が濃い。
然しながら、とうとうと超えてゆける。
そんな なんとなくの想い。

来春からの動きの準備。足慣らし。。
今足元に転がっているものを
起こしたり。放ったり。。。


1401211.png

それぞれの問題や、
景色を、なんととらえようと 自由で。
だからこそ尊い。

新生レムリアのこの世界。
そうした違いや概念すら浮かばないほどに。
軽やかに。とけあう。
今。 そこを創造しているんだ。と。


まだまだ。
浮上してくる化石化済の過去のなにやかやも。
このペースでゆくと。
やっぱり。なんとかなりそうだと。
そんな 想い。


。。。


十戒のモーゼは善良な神の伝え人として
描かれているだろう。と
ずっとスルーしていた。
エジプトも正直苦手だ。
モーゼという存在が
アーキタイプとして。
誰の中にも在るのだと想う。

もうヒーロー劇は
終焉を迎えている。
どんな理由でも
誰の上にも 誰も立つことはなく。

そして、
誰かを導く存在もない。

導くのは ただ ひとり。
おのれ ひとり。 それすら。。。

140121.png



その責任の重みをだきしめて。
ずっとひとり歩いてきたんだろう。


ここを受け止め続けたら、
いつかのひに、
放たれるのだろうか。。。

それが 今なのだろうか。。。
やっぱり。
今なら 
なんとか超えて行けそな氣がするんだ。

お互い ぼちぼちがんばりましょう。  


めぐる想いもすべて。。。





2014_01_21


ぼちぼち開店していました
いろのわ商店です。笑

宣伝もしていないころから
アクセスやご注文。
応援をいただきありがとうございます。
現在も 御注文の品を創造中の中だったり、
お届けをお待たせしているものも
あったり。。。ですが。
☆おたのしみに☆☆




いろのわ商店では
魔法道具。や自然界の仲間達。
そして なにより
役に立たないものを中心に、笑
ひかりのころもや、拾ったもの。などなど
どこにもないな。じわーんとうれしいな。
というものを 揃えてゆきたいと想っております。

2014年はちょっぴりにぎやかになります。

ふらりとお立ちよりくださいませ♪

いろのわ商店へ。




いろのわ商店で
悩んでいたことがありましたが、
昨夜 お風呂場でぽーっとしてたら 解決。
(お風呂場の女神憧れBBさんのように。(内ワッ!)


やはり、ゆるゆるっとしたときにこそ。
ものこと道が開けてゆくのですね。


140121.jpg
。連続学校サボリ中の画伯は大作を連続産出。


☆☆☆

いろのわ商店の
アースウィービング。

全国でひろった石やはっぱや枝を
どのように巡らせるか。

悩んでいたんだ。



仕入れたもの以外は、
ほら 拾ったものですし笑
御代はいただいていなく。
でも。
送料梱包料は負担してもらっているのですね。
石達は重量あるし。笑

※いつか送料無料。
今のところは
そのやりとりも楽しいので ひきつづき。
ただ。。
振り込み制ですと 
200円くらいの送料に手数料がかかるので。
それはどうしたものか。
けちけちせず やっぱり、すべて贈り物にしようか。。。



むむmmもっと楽しい感じにならぬか。。。
というところで。
とまってしまっていたのですが、
きらりんと。笑
かなりマニア向けな手法を用います笑



アースウィービング部 では、
石や木をお送りする際に
返信用のはがきを同封しますので
そちらに 送料分の切手を貼って投函してもらう。
という、
めんどうくさいシステムを
採用することにしました笑

(私はお手紙をよく描くのでありがたく
受けとらせていただきます。)


ということで。

アースウィービングを
はじめます。

ぼちぼち 
アップしはじめるのでおたのしみに☆
鉱物学的に価値があるとか。関係なく。
名もなき石やちいさな者達ですが。
それがいい。



ちょっと離れているところの
エナジーや大地の震動。想いをお届け☆

あなたへと 
めぐりますように。
 




このこは!と
ぴんときた子がいましたら。
仰ってくださいね。
おまちしております。   いろのわ kuu

2014_01_21


家族が。風邪をひくと
みんないったん停止という標識
と受け取っています。
のんびり時間をありがとう。
床更新です。



いづもで宿泊したのが
キララというコテージ。kuu棟でした。
新年早々、kuuの名が フィンランドでは 月 を意味することを
知りました笑 何十年もこの名で生きてきたのにね。
kitos


名はkuuです。
(本名はもうひとつあります。)
はるか昔の 学生時代 
酒場で会うおじさんに
名前を観てもらいました。

いままでどおりカタカナ表記の本名でもいいけど
創作表現して生きてゆくなら
音は くう がいいと想う。
スペルは自分で考えな。 
楽しい人生になるね。 
ただ 出世はしないけどね、。と。笑

予告通り出世という道は知りません。笑





ムーミンに会いたい一心で 
フィンランドへ
いったこともあるくらい、
すきな世界です。
精霊だらけです。
今再行ったら、どう観えるかな。。。。


この彗星の本は
おおきな彗星がムーミン谷に落ちてくるというおはなしで
このシリーズのはじまりでもあります。

スナフキンやヘムル、スノークのお嬢さんに出会うのも
この本です。

suisei.png


トーヴェのこのイラストは
干上がった海底を 竹馬で 
横断しているところのシーン。


ムーミンのおはなしは
名言がいっぱいありますが、
スナフキンの風来ぶりにいつもリスペクトです。

テントや荷物、パンケーキを
焼くフライパンも全部 谷に捨て、

ハーモニカがあればいい。
ハーモニカさえあれば 
陽氣な唄もうたえよう。




わたしは そんな時 何をもってゆくかな。
娘とあむとyoyaさんも背中に背負って
あとは。。。持てるかな。
笑ってしまいますね。




今年は これからは
いろんなものを持たずに。歩こう。。








2014_01_18


急なお誘いだったのに
みなさまお集まりくださりありがとうございました♪

満月茶話会。
今日もたのしかったね。
こどもたちも
ありがとう。


蟹座の満月だったこともあり、

蟹座の守護や表現でもある 
お茶の間 や
地域。そして家族。なにより 母達の愛。
そんな はぐくみあいについて
おはなしがいっぱいできました。


互いが
互いのファンであること。。

このひとの ここが すごい!
まねできないね=。
ここもすてきよね=。
ここもー。って。


ストーカーか!?と想うくらい
わたしのことを知っていてくれたり、
誰かのマニアだったり、傍にいてくれたり。
照れくさいながらも いつも応援してくれてありがとう。
と 互いに云えることの贅沢さを
あらためて 感謝しているしだいです。

ちいさなコミューンでは、
そんな互いを尊ぶことを 
自然に育み形成しているのだと想う。
お互いをみとめきっているのだと想う。


いつも
あなたでいてくれて 
ありがとう。


って。




水に 満月のひかりを
チャージしたあと。

2014年の抱負を云いましょう。
抱負などを 誰かに告げること。 は
自分自身にも説明ができないことでも
整理できたりまた違う角度の扉が開いたりするので。。
時にはおすすめです。もちろん わたしにできることなら~。
と お助けや あいのても入りまくりです。

自分でひっそり叶えるのもまたよし笑


140116.jpg


今回は 
パステル画を作成して
その願いの種を ひかりに昇華させて
お空に届けることをしました。

祈りでも願い事でも。問題もそう。
なんでも。
自分のなかで どうどうと巡らせていたり、
それをずっと持ち続けていると
次第に 余計な念がのってしまうんですね。

どんなものでもそうだと思います。



たとえば。
こんな願い叶うのかな。贅沢すぎやしないかな?
とか、やってもいないのに やっぱり難しいかも。
とか。

せっかくの願い事の種。 希望をいっぱい含んだ
ものことらが これでは全力発揮できないのです。

だから、
フレッシュな状態で
もう お空にお願いしきって委ねてしまうのですね♪
(熟成と熟考はちがうように想います。)




今回は
2014年という月日の間。
願いことは変わってもいい。
その都度更新すればいい。

けれども。
自分からうまれてきた
やってみたい!の それを 
信じるも疑うもない状態で 
ほやほやの状態で 手放し 

委ねてみる。


パステルに描かれひかりに変容した 
願い事を観るたびに
うんうん! と うなずくように。
なるんですね。
不思議です・

みなさまも やってみてくださいね♪


「願うより叶えよ!」




最近は 娘のフィードバックの癖が
感染してしまっています。
彼女は5歳頃から誰へか わからないけど
みなさんに 自分があたらしく食べるお菓子などを
開封から食すまでを ご報告しています笑
客観的にみても体験するというプロセスを 
誰かと共有しているんですね。
〆のフレーズはこれです。 

「みなさんも ◎◎してみてくださいね♪ 
バイバ~イ またみてね♪笑」



☆☆☆
ということで。
みなさん。こんにちは~♪
今日は 谷中の丘にあるヒマラヤ杉とみかどパンの
紹介をしますっ♪

テンションが続きませんので笑

茶話会の差し入れ
みかどパンさんのラスクです。

mikado.jpg
mikadol.jpg


谷中の丘のてっぺんに
おおきなおおきなヒマラヤスギがあったとさ。
隣にはヒマラヤスギに護られるように 超レトロなみかどパン。
おばあちゃんふたりが営んでいます。

ここの一角だけは
時がとまっているようで、
ここを通る時は
なぜか ほろっとしてしまう。
そんな ヒマラヤ杉さんです。

いろいろな事情で
土地が切り売りされ この樹も切られてしまう
予定でしたが、みんなで署名活動やなんとかならないか。の声や
イベントをして。
今はまだ ここにいてくれています。
この先のことは誰にもわかりません。


森や大木や自然界のものの
その氣持ちになれるはずはないのですが、

今こうして。忘れ去られていたいわば 
切り取られていた景色の一部が。。
動き出しているんだな。って。

このヒマラヤ杉のまわりにまた ひとたちが
集まってくれていて。
その景色だけでも ヒマラヤ翁は 
うれしいんだと思います。

想い出は ちゃんと残る。
この地に残ってしまう。。。
それを どんな思い出にできるかは
わたしたちにかかっているんですね。



よかったら。 
すてきなヒマラヤ杉に
会いに いってあげてください。。。

サイトです。
ヒマラヤ杉と寺町谷中の暮らしと文化、街並み風情を守る会

今日も詠んでくださり
ありがとうございました。  kuu

2014_01_17


たまごっちのお世話を
まかされましたが
先程 また 
さよならの置き手紙が残されており、

娘に合わす顔がない kuuです泣
みなさま。こんにちは。

tamagoti.jpg

最近のたまごっちは
かなり姫系で、
でも お世話をちょっとさぼると
すぐに家出してしまうので、
幼心にトラウマ?。
と。もう少し猶予をください。
と想ったりします。。笑



え=。
直前のおさそいです☆(すみません)
明日16日 満月茶話会をおこないます。
残席は2席ありがとう。
となっています。
お待ちしております♪

13時52分に いのりを開始しますので
それまでには お集まりください。

パステルを使った 
ひかり遊びをしようかな。

おたのしみに☆

ご予約お問い合わせは こちらまで~。
luulla9☆yahoo.co.jp



2014_01_15


いづもは すてきでした。

idumo1.jpg
idumo2.jpg


いろんな地へと引き寄せられるように
訪れては 出会い繋がる
そして 放つ。 
ということを繰り返している。

その地の記憶。
誰かの。わたしの。 。記憶。


常にあたらしいわたしは
あらためて
そうしたいろんなものらと 向き合いながら 
交歓していく。
称賛してあるく。

そうしたことが
わたしというわたしを
通してなされているのかもしれない。

そう想うと
とてもうれしくて。。

idumo5.jpg



よろこびでいっぱい包む。
この身体も。この大地も。

ありがとう。

いつでも。





出雲大社から海へと続く道を
まっすぐあるく。

稲佐の浜に 弁天島(弁天岩)がある
毎度のことながら
旅前の事調べはしていない。

砂浜に寝そべり
ただ 漣を聴く。


たくさんの存在が
何かといつも ひきかえに
してこの地を踏んできた。
でも それはいつの世も。
そうだったように。
常に常に あたらしい波が寄せては
ひいてゆくように。

クリアになっている。

だから 何にも心配しなくていい。






弁天様とトヨタマヒメは同じエネルギー。
わけることもなく。
海の。
ただ海の生命の記憶を
まるめたまんまるの玉。

地球そのものだな。




なんて想いながら

我家の 精霊ふたりの凧揚げの風景を
感じている。





怒涛の2013年はいつも
響いていたあの声も・

いつのまにか
聴くことも。しなくなった。
今は囁きもない。

とても静かだ。


尋ねればいつだって。
答えは在る。
聴きたいことは。
今は。 

ないんだ。


それが 2014年のはじまり。 笑


午年年人。
どうぞお手柔らかに笑
序奏くらいは Andanteでよろしく。



2014_01_07


あけまして
おめでとうございます。
今年もいっぱいいっぱい
い^っぱい
あそびましょう☆

。。。

2013年末のままのブログを
詠むと笑える~。
走って到着した すべりこみの2014年でした。
だがめでたしめでたし。笑
月に還ってまた戻ってきた感じです笑

201401011.jpg

洲崎神社からの絶景

2014年 初日の出。

201401012.jpg



はだしで歩く。初海詣。 

20140101.jpg


明日から出雲大社へ
御参りにいってきます。


2014年という月日が
さらにさらに みなさまにとって
喜びに満ちた世界になりますよう。

こころから。
楽しみにしています。

ありがとう。

そして。
みんな おめでとう。   kuu。


2014_01_03


12  « 2014_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top