夏にゃんて

category: 日々  


20140825.png
ちょいわるあむ。転送。
2014_08_26





新月の宴賑やかとなりました。
みなさまありがとうございました。
楽しかったね。久々なお顔たちー。

深海の満月は
ひとの数程あり、それなのにひとつ重なる景色でもあり、うたかたを。
この世界喜びあうのだ。

眩しすぎる月夜も、灼熱の太陽もここからは 細部まで観ることができる。
私たちがみている世界はほんの一部だと、咲夜の夢枕にドリトル先生笑
だけどその一部が総てを。すべてなのだと。おそろしいくらいの驚きと稲妻に痺れる。空がひびきわたる。

ジエットコースター並のこの夏。
妖精王や妖怪ウオッチらに憑依され夏バテたな。。ぽー!
やっとハート全開のわたしらしき。真夏の世の夢。

何にもかわらずになのに全部が、細胞までが、
入れ替わってしまったのでした。
ゼロというところは ちっともゼロはなく、
少し凹みあるゼロからは何も眼にも映らない。
底からはなにをしようとも、自由だ。

自由氣まま。

どの方向に開くかとか、一瞬迷ったりしたらまた繰り返す波。笑

行方はそう全開でしたね。

ただ 映し出されているだけ。




実家にあった昴星の本読んでいたら
子どもの雀が飛びこんできてしばらくおしゃべりしてくれました。ちゅんて。

ありがとうね。ちゅん。
メッセージ受けとりました。
心配かけました。





いろんな伝言を以前より受けなくなっているけれど、
石や、動物。
とくに鳥達が運んできてくれることがおおく、
それらは 変わらない。
都会にいても そうだ。どこにいても  そう。


浜辺であ~あ。と 歩いていたら
大きなイルカの耳骨首飾りをした御爺さんに出会い。
蛇紋石をもらう。
(この石がこの浜ではよく採取できるのだが)

石には 
草書で彫られた 空 の文字。
驚くやらホラーですかとよぎるやら。

ううむ。やっぱりびっくりしたー。

御別れし、
還って蛇紋石を検索すると サーペンティン
洋名であり 石言葉は  旅人の守護。

袖や襟繰りの淵を きれいな刺繍や飾りで 
護している
古人達が浮かぶ。

大事にしてきたつもりだが、
此の世。ほおりだされたばかりの 
うまれたばかりのわたしたち。

もすこし。と 想ったひと瞬でした〇


2014_08_26

no title

category: 未分類  






2014_08_24

大風。

category: 日々  

かわゆい姪子の生誕にともない
こども達とあそぶ担当を 務める日々。
真夏の日差しのようなこのこらは パワフル過ぎて
へろりんです。笑 (はじけすぎて一緒に怒られることばかり。)


ざりがにいっぱい釣ったり
海にでかけたり。
この夏はよう遊んだ、というか まだまだ続くよ=笑



ブログもただの遊び日記になりそうな笑
こうした 空っぽすぎることも そうはないから
いっぱい遊んで ぱたんと寝てしまおう。 と 決めると いい観じ。
無駄な抵抗はやめよう。



台風と共に一時東京におりますが すごい風だ。やほ。
ここ数年の満月新月は いつも 
大風が 運び連れ去ってくれるね。
いろんなものが想いが
 ぽろぽろ出てきたり はずされていったり。
何でもこい。 ごおと 粋な 大風達 ありがとう。

20140801.jpg

イルカ
の赤ちゃんの声を聴いていたら 心臓あたりが
じわんとじわん震えてくる。
かわいいな。 こどもがすきピトがすき。 
そうしたことを まっすぐに云うから。
こちらも隠すことなく うんすき。と 返信できる。

201408012.jpg

いいな。


姪っ子のふにゃ という声も同じ。




2014_08_10


07  « 2014_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top