満月の扉

category: 日々  

路地に迷いこみ
壁とか突き当たりとかに みかける小さな扉を
「開けてみたい。」 という衝動にかられる。笑
※不法侵入とも云う。


扉を開く。

★door
phot : rai

閉ざされた扉を開くときは
いつだって
どきりとする。

時を重ね重ねて
しばらく 空けた形跡も ない。
そんな 扉だとしたら
余計に こわい。し あけてみたい笑

妖怪の類のなにかが 飛び出してきて
噛み付かれるかもしれないし。
愛想よく 招き入れられても
毒りんごを手渡されるかもしれないし。
錆付き鍵が掛かっていて 開かないまんまの扉かもしれない。
もう2度と開かないかもしれない。

その逆で。
鍵さえ持っていれば
扉は ちゃんと開く。
あとは あける意志と勇気。選択だけ。


ヒーリングセッションのとき
扉を開くワークに。
鍵を使う。
無防備に開けっ放しの扉もたまにあるけれど
およそは 何十にも厳重に鍵がかかっており
ひとつずつ あけてゆくことになる。

私があけるのではなく。

クライアント様 本人にあけてもらう。

胸腺やハートチャクラ。のどのあたりなど
感情や想念の滞った それぞれのブロックの箇所で
関所の御門のような重いその 扉の中は

誰にも見せなくてもいいし。
自分であけたいときにだけ あけるのだ。
まったく自由だから。

ただワークの中で
どうしても必要なときには
「開けたらどうなるかわからないよおお」という 
誰かの想いこみ刷り込みの
思想という鍵を少しだけ軽くして

風通しよく・(おうちと一緒)
たまに 扉や窓をおもいっきりあけて
空気をいれてあげる こともできるよ。と提案している。

先日ヒーリング中に
クライアントさんに
どうしてもひかりを届けることができず
本人の内側が?外側があきらかに頑なに拒否している。
こういうことは実ははじめてで、
その方の ハイアーセルフさまとも相談した結果。
少し時をおくことにして。
その日はお帰りいただいた。
ご自身で受けると 決めても
心深くから その想いがない場合は こうなるのだろうか。
薬害もあるし。 もちろん私の説明と力量不足なのは否めないでしょう。

私の中での学びでもあった。
もっとすばらしく!
よりよくしよう!

今まで クライアントさまの
想いと願いとが最大限に叶うよう
サポートをさせてもらってきたが、
変化することや ポジティブなエネルギーばかりをフォーカスしすぎて

今を ちゃんと受け入れてあげて
自由にさせてあげることを
軽視していたことに 氣づいてしまった。

開けても開けなくてもどっちでもいいよ。
好きにしたらいい。
何度でも 尋ねにくるから。

開けたときに出てくるかもしれない何かを
こわがっているのなら。
一緒に行って開けてみようか。


待ってあげること。

それは 日常でも多くあるけれど。
ワーク中にも 大事にしてきたつもりだったけど。
今回は 本当の意味で
待つということを。
寄り添い奏でることを。
学ばせていただいた。

過去の悲しみや、絶望孤独や
とにかく痛いことと 
向き合うのには 相当な勇気が必要だ。

それは 経験という創造により 他者からの波情を
請け負い 自分の中に勝手にしまわれた
否 大事にしまい込んでしまっていたのだと。
氣づくための一連の流れであるから。
儀式のような あいさつのようなもの。 

一度 扉を開けて
ごあいさつできれば、
その想念は確実に 昇華されてゆく。
誰かに 扉をあけてもらうことを 待っているのだ。
誰かに みつけてもらえることを 楽しみにしているのだ。


★ha

感情波情は滞りは そうして
空へ解き放ってゆく。



しきりなおして
先程のお方へは
ひかりをしっかりと送らさせていただきました。
もう 大丈夫だね。太陽のようなお方。
これからの 日々をご機嫌に。
世界へと活躍されてゆくことでしょう。
たのしみにしております。

ありがとう。


2013_01_30

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top