波間

category: めぐる旅  

定期的に。
海にいかなければ 干からびてしまう。笑
2012年は。
ほとんど海にいたなあ。(海っていうか島。・)

遠い過去。
人魚だったわたしとチャネルすることを
たのしめるようになってから、
海に潤われて養われている わたしがここちよい。 

「海が呼んでいる・」

なんてかっこいい台詞だが、
私が 海を呼んでいることを認めよう。。
おかげで 我家は竜宮城のように
貝がらや龍木、否流木。海の砂だらけ。幸せ。

★北条海岸
★北条海岸1

海の潮騒に沈み、
深く瞑想していると。 こころのざわざわが
波のように ひいていく。
あたまのざわざわも 
海砂のようにしゃらしゃらと 
ここにあったことを感じることが出来ないくらい。
ささやかな面影だけを残して
連れ去ってくれる・

私ほどのちっちゃな人間だけど
このくらいの大きさでなきゃ。
いろいろなお片づけができない。
海に 全部おまかせする。


みなさんは。
波と波が 重なった瞬間を
観たことがあるだろうか?

安房の遠浅の浜辺では。
岩にぶつかっていくつもの海流がつくられる。
静かに波と波が重なる瞬間。
意識しながら 互いを壊すこなく臆することなく
実に美しく立体的に時空が重なる。

ひととき 
波紋はただ重なるだけ。
そのまま各々広がり続けるだけ。

ひかり

日常いろいろな電波にやられすぎて
疲れてしまったら、
波のことを思い出してみるのもいい。
波はただ重なり通り過ぎるだけ。
それを捉えて使うのも自由・
その波に同調してみるのも自由。
他者という波動も然り。
我という振動も。また。



深呼吸して 
その事象をただみつめるだけ。。


近頃は
通り過ぎてゆく速度が 
随分はやくなったなあ。








2013_02_02

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top