Myレムリアの

category: レムリア  

レムリア時代の景色や過去未来の一幕は。
立体的・流動的・変容可な記憶世界なので
いかように
いくらでも 変化し続けている。
波のよう。
泡のよう。

★迷宮


夢の世界にも似て
カラフルにはじけて
この世と同じくらい自由に
触れるることができる人は
そのように。
音声・会話を音として聴き取り 
記憶している人も。
香りさえも微細に 残る人も。
その人の得意な方法記憶装置。
出力方法 表現方法の描写やスキルによって
許容範囲は伸収縮する。・。

ヴィシオンの自由。

その人の今の感情や満ち状態により
どこの層に濃く精通しているか
得意かにより
変化してくるから 面白い。

(いずれも 自分の中だけど)

私の中でも
何パターンかの景色があり 
??
わーい。
と想うけれど
それは 360度
時間軸さえ超え無限
超パノラマ映像なので 当然
全体像など
捉えられるはずもなく。

自分に今 必要な
景色やメッセージだけを
引き寄せるようにしている。

私の得意技は
仕事上と夢みがちな癖もあるが

ビジォンを現実化させること。
想を より微細に
色とりどりに
表現し描写することなので
チャネルして も
鮮やかに表すことができる。
役割りだとも想う。
(私という道管を通し出力に限り)

でも
なんだか そのあたり
変化してゆくのが 当たり前で。
言語化しづらかったので
おしゃべりの中で 絵や振りをまじえて
互いの世界をはなしあったりすること
はあるけど
文章化には正直自信がなかったんだ。

レムリア も 。
(もっと遠く宇宙も。)

だから。とっても個人的。
。私のレムリア。
ということになる。

自由である。
雛形もない。


誰かのブログや書本によって
出力された世界へ
同調して連鎖。
自らの記憶をひろいあげ
素材にしてみる創造してみる。のもいい。
自分自身のレムリア的要素を想い出す。

楽しい世界でもあるから。

今自分へ 自分で 課している
制限を一度
取り外すのを 助けてくれると
想うから。

moblog_ba620f64.jpg

アンデルセンの人魚姫。
小さい頃。
苦手だったなあ。
泡となり消えゆく儚さか。
人間的な愛情劇が 悲しすぎたのか。
似たよな記憶があるのか。
笑アリソウ。
子ども乍らに 何か感じていたのかも。
今ならそれを違和感と知覚するけど。

アンデルセンの。
人魚の記憶。
アンデルセンの中に眠る 太古の
メッセージは
美しいメルヘンに 生きている。
今も。いつまでも。継がれてゆく。

今日も
誰かの記憶という
生命を震動させる。






 

私もせっかくだから文字と絵を使って
出力してみようかな。
と・やっと。そう 想えるようになった笑
何が生まれるかは おたのしみ★



昨日 甥っ子が観てたDVD
ボウケンジャーで
レムリアの太陽とその過去性を持つ黄色戦士。
の封印を解き 奪い合うシーン・が上映されてた。
おひさまの愛のちからを
どのような気持ちで使ったらいいのか。
問われている 笑


2013_02_15

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top