龍笛♪ +

category: 龍たち  

ここは どこ?
と なりそうな kuuです笑

龍のことで 想うところあり。
己の非力さも感ぜずにはいられないような。
魔界伝。

何故今 魔界伝なのか。というと、
其処へ ゆく。
と 決めた私がいるからです笑

もう戦うことは やめた。
武器も いらない。

そんなわたしに 
できることは あるのだろうか。。。。。

成り振りかまわず、
本氣でそこに身をおくと決めた時、
そっと差し伸べられる ひかりが あるということ。
ちゃんと 見ていてくれる 
仲間が いるということ。

それだけで、 
本当に勇氣が出てくる。
其れが どんなに贅沢なことか。

今更ながら 感謝をする。

私の戦法は すべてを包み込むということ。
いいよ。いいんだよ。 と。
いろんな色が 存在してもいいのだということ。
それから それらをひといろに混ぜ合わせると
まぶしいひかりに。
生きている ひかりに 変化するということ。

を 3D実体験も含め。
完全にそうなのだ。 と 核心があるから。

このように。 生きている。
添うようにしている。
でも。 詰まる時も たまにある。笑



そんな。 いじけ虫の私。
今。 このタイミングで。
この掌へやってきた。
石の笛。

ryu.jpg

龍笛

その石の放つ やさしさに、
さすが 
猫仙人あむちゃま は にゃにゃい♪
と じゃれるほど お氣にいり。



音色は。

風が ひとすじ。
抜けるような。

暗闇に ひかりが差し込むような。
そんな強さとやさしさを重ねた音色の 龍笛を。
こころの友に 譲り受ける。

ありがとう。泣。
そして 云いしれぬ懐かしさを この笛の音から想う。
。。。。。


受け取ること。を。
学ぶ。

遠慮せずに。 受け取っていいんだよ。と。
もっと 受け取ることを
自分に許可していいのだよ。。
(いっぱいもらって此処まで育ててもらってきたんだけどな。)
罪悪感はいらない。。。あなたに 必要なものは
ちゃんと あなたのところへと 行きたがるから。
選ばれてゆくのだから。
多すぎたりしないんだよ。

。。。。。
私に響いた言葉は。
此処に記すことで 漣となり昇華されてゆくので。
ここへ。と。 感謝をこめて。

ありがとう。
しっかりと 受け取りました。。


。。。
龍笛は
来週 この子の 故郷の海へと 
連れてゆく道筋ができあがっている。

海と。空と。 その間で。
私が 今 できること。

それは この笛を鳴らし、
どこまでも 響かせること。

響いた その先にあるものすべてに 
喜びが伝わってゆく。。。。。

龍達が めざめてゆく。


※そう。お氣づきの方もいるね。
石仲間の 
まりあさまをくれた 彼女です♪

ありがとう★★★

帰ってから練習したら、
鳴らせるようになったよ。
もっと もっと 澄んでゆくよ。

 
 
★★★
龍笛をいただいた私に
翌日に 訪れたgiftが これまた 驚き!

日暮れの丘にある
拝辞の僧侶にて。

おりん。

ハートチャクラに連動する
鐘の音を 聴かせていただく。

富山の
御鈴職人さんが創っているのだそう。
(特注らしい!)

御鈴によって
私のハートは チューニングされたのだ。。

其処に在るのは
静けさ。と 
あたりに甘い薫りが広がる。
大きな 大きな蓮の華が開いてゆく。

こころを真ん中に。
たっぷりと 満ち。
チューニングされたのでした★


ありがとう。。。。。
いっぱいに 届けます。


明日から また 巡りの旅。
いってきまーす♪
2013_04_27

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top