添うて歩く。

category: 龍たち  

大川は まことに美しい川でした。
エメラルドグリーンに
光る その流れは。
潔く。

ookawa.jpg

ryu1.jpg

龍笛を鳴らし、
川の清流へと 感謝をささげる。
どこからか 鳶がやってきて。
ピ-ヒョロローと 応答あり。笑

ooka.jpg
射し込むひかりも また 歓迎してくれる。

kusa.jpg

最近氣になる。
楔型の跡。 大きな石にある。
何かの爪痕だろうか、
または 古からのメッセージだろうか。


龍笛ちゃん♪ かわいい。

kusabi.jpg


巡る旅はいつも。
私にしかわからないような合図で
物語は 進行してゆく。

今回も。
そんな 大きな流れの中に
わたしは置かれている。

自分にとって 良いもの悪しきもの
どちらも。諮ることなく
在る。と。存在を認めることで、

その物体実態は 解き放たれて活かされてゆく。

時として
認める。ということ が 難しいものだけれども。。

これを 失くしたら
私ではなくなってしまう。(かもしれない。)
と、
今まで 慣れ親しんだもの から 少し距離を置く。
という ことすらできなくなっている
個所 も。 自分の中に 観ることができれば
今 必要か、必要ではないか。
が おのずとわかってくるものです。笑

※ 我が家の宝物達はそのような 想いに蓋をして 
大事に守備されている笑否全部必要だから!

書いてて おかしくなってしまうのですが。
人間は矛盾しておるものです。




魔界伝の龍達は。
どうやら このあたりとも 
ご縁があるらしい。竜王峡を超えたところから。。

眠れる龍達と、
私は どのような姿勢で向うのか。
の お試しのようであります。

※龍というのは
各々に流るるエネルギーそのもののことでもあります。

一度 受け入れる 統合させる
という方法を させていただいたけれど、
統合の意を知らなかったのであり、
こうすること が最善だったからでもある。
私自身 さらに 大きく、うつわを広げて
彼らに むやみに しがみつかずに。
寂しさや過度な感情に左右されぬ 状態で

共に。
この道を 添うて歩こうぞ。

と。あらためて 学んだのでありました。
それが 実にうれしかったのでありました。


己の中に この土地、時代、存在達の大河流れの中で

根深い繋がりも
また。 発見することになりました。
そんなに苦しまなくてすむのは
開け放つ。 と 決めたからかもしれない。

しばらくは
その繋がりもしくは契約の跡が
軋むようなこともあるかもしれないけれど
その都度 みつめて 昇華させてゆくことにすればよいのだろう。

そのあとは
ころっと忘れるくらいで
ちょうど いい。

浄化の巡りは まだつづく。。。かな笑






黄色い風車がくるくるとまわっている。
皐月朝燕の囀り。鈴の音。 

2013_04_29

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top