パンゲア

category: チャネル  

7月16日。
アテナのひかりを受け取る。
でも今日の主題は 
アテナの神殿の奥にあった。

。。。


創世記なのか。。。
今でも あの大陸の 
景色は眼に焼きついている。

これから先 どんな地球に住みたいか。 
もう一度
創造することに関して 深く考えてみたい。
どちらの道も いくつもの道も ありえるが
できれば ここで地球で。 いろんなものをみつづけたいな。
そして ありがとう。をいっぱい云いたいな。




神殿の後ろに 何かが見える。
霧に包まれてはいるが、
それが どこかの大陸だということは はっきりわかる。
ひきこまれるように
その大陸。亜熱帯のような、サバンナのような。。

エネルギーの強さ・

龍とともに 飛び みにいってみる。
上空からでもはっきりとわかる。
美しい。古代の大陸だ。

「誰かいますか?マスターは?」

目の前を みると 

大きな
山のように大きな 象!
マンモスだった。
彼がこの大地の 主のよう。

彼が歩いたところが
大地になる。
ふわふわと降り立った ちいさな生命達が
しっかりと根付くように・

「パンゲア大陸ですか?」
(私自身はその名前は知らない。)

そのようです。
地球の未来の姿 でもあり、
また その選択をしない という 未来もある。
両方が存在している。
この今の時点でも
この大陸は同時に存在しているそう。
時空の違い。時空の重なり。

大きな稲妻が 時折 おちてきて
大地を揺らす。
この雷のエネルギーは 空を 振動させ
生命を生み出す。 


haimari.jpg

この大地には 
人間らしき存在は感じなかった。
それどころか、
この大きなマンモスひとり だけ のようだった。

大きな大陸にひとりぼっちで
さびしくないのかな。 
孤独な作業なのかな。 そう 思考よぎると、

よろこびなのだという。


ガイアの化身でもあるそう。
マンモスは 他の星から来たわけではなく
ずっと この地球にいる。

今日私にみせてくれたのは
なぜか?と問うと

「繰り返しだ」


怖がることも
悲しむこともなく
ずっと ずっと このようにして
地球は生命は 繰り返してきたのだという。
何度でも 何度でも。
うまれては膨張し、とけてゆく という 最高の美。

私は一応 人間なので笑
とっても複雑になった。涙が止まらなかった。
その美しい地球には人間の姿はなかったから。
否そんなことだけではなく、
私達をゆうに越えた おおきなおおきな地球と云う生命の 何かを
みたからだと想う。

共にありたいと
想うから。 
私はどのような道を歩いても

喜びながら すすんでゆこうと
誓った。

また あいにゆきます。ありがとう。
やさしい、しずかな瞳をした 

マンモスでした。

ありがとう。

2013_07_17

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top