蒼い鹿

category: カラフル  

どんなかたちでもいい。

表現する。


いろんな出来事日常や世間や
いろんなことに囲まれていると流れがはやすぎて。
想っていることさえ ここにあらわすことが
怖くって しまってしまうことが癖に成っている。

同じものをみてほしいわけではない。
でも。

うん。 一緒に楽しめたらもちろんうれしい。


ただ。うん。 と それを
それぞれを 認めてゆくことで いい。
それが 共感。
同じ方向をみることではない。

一部が溶けだして受け取っている。
ちゃんと わかりあっている。


在りようもまた 表現だという。

もちろんその先に
意見やなんらかの呼応がある。反応がある。
それが楽しい。



土と平和の祭典は
すっげ^- 雨でした。
風を呼んで・
嵐を。みのりの祝福を呼ぶよ・


gocooのみなさんお疲れさまでした。
祭典は続くけれど 早々に帰宅しましたm
311以降私の中では記憶が飛ぶくらいの
時間が流れている。
全国に散ったたくさんの仲間たちが
ほんとの百姓に成り ここへ戻ってくるのが
この祭典。 私は町の魔女。笑

昨年も。
切り取られた空。高層ビルの谷間に。
想いに耽りながら なびくフラグを 眺めていた。

互いに想う。 
想いすぎるほどに
想うということは 共感をこえている。
それぞれを、一度 ひきちぎるような想いで
解き 時を待つ。

ようやく
こうして 認めあい 祝福しあえる。

会えば。 うん。 という。

それだけ。

でも。 それが うれしい。

かたくなさを。一生けん命を
いっぱい背をって生きてきた。


ひとつづつ ほどくのか。

ひとつづつ こんなに痛むのか。


他者へ向けていた表現のベクトルは
こちらに向かい巡回する。
くりかえし。

くりかえしを。
ほどいている。



私は
窮地に立たされると いつも助けられてきた。
強がりだから 助けてと叫べなかった。笑
それでも 氣づいていなかっただけ。
まわりの愛する人達。空と海と。
そして。 精霊達。 
に助けてもらいながら 今日も生きている。



近頃頻繁に鮮明に想いだす。

15年前 
ひかりの島屋久島のこと。

蒼い大きな鹿。
森の主に であう。 
(見た目は透明なので 実態が在るとはないのかもしれない。)

出会う。

風が ごお と 吹いた
その瞬間 

夜の森からあらわれ
ぼわっと 私のはなつらすれすれで 止まるその 蒼いひかり。
恐かったが もう 逃げ場はない。

観念し、 じっとみつめたまま
その存在と向き合うと
私の中に消えたのか 森に消えたのか。

すっと。

ほどけて ゆくのでした。

sika.png


そして 私の中にある あらわしたい。という
 勇氣 ににたものの目覚めを
感じたのでした。
これでいい。 生きようと想うのでした。
これは。蒼い鹿との共感といおうか。



みえないと されているものに
あいまいな 領域に
支えられまくっているので笑
疑いようが ないんだ大笑
ただ これも うたかた
しがみつかない。

観念を解きまくることを 強いられているわけでもなく
自然と ほどけてゆくに まかせる。
ゆだねている つもり。



それでも。
まだまだ、
たくさんのヴェールを 開きながら前進している。
まだまだだ笑


痛みはない。

ヴィシオンの世界でも
痛みを帯びる時もある。体感もある。
涙がでちゃうときもある。

でも この身体をもって
身体たらしめている 何かをもって
全身で感じるということを
わたしたちは

なんだろうな。

したいのだと想う・


全身で感じて
ほどけていったら
内に。また あらたな  発見をする。

発見したらば
云わずには いられない。

こんなにすてきなこと!

みんなに伝えたくてしかたがない。


それが。
私達の姿。

こどものまんま。


云ってみて。
なんでも。

やってみようね。 







私の世界では。
「在る」 ということは
うん。 ということです♪
いつもありがとう。ダブ mさま。



2013_10_20

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top