as it is

category: 祈り  

ハンナアーレントの映画が岩波で上映中。
満席。傍らの人情報。

今。 ああ=。そうか。
ハンナなのだと。
しみじみと想う。

私達は
ただ観る ということができたら
ここを震わさずに
ただ 観ることができたら
スムーズに導き そして それらが最高に活かされる場所へと
案内できるのだろう。。。

でも。 
まちがいなく 震えてしまう。

私達の中に ちょっぴりと その苦いかおりが
残されてて。 
ふるえることで それらが 
ふわらと 浮かんでくることもあるのだから。

これらのfragmentが わたし 。 だ。


。。。

目白に 坂田 という 古道具屋があり。
十代末。進撃影響を受ける。

かけら。 という 本来あるものの一部であるのか、
はたまた 己自身が是構成せしめているのか
わからなく なってしまうほどに。

そんな。
はじまりなんて。
どうでもいいぢゃないか!!!!!!!!!

と。
云いたくなるほどに。


ただ。

在るだけで。


完璧な 美の。  静寂を。

わかつでもなく その 在るだけの 
その人を。その欠片を
観たのでした。


人々がつくりだした造形。
まぎれもない 個性の 情熱を。顔を。はじけるよな感情を。

受け取りきれないでいた。

。。。



数年後。

千葉県の内陸に as it is .
という garallyを訪れる。
ここが 坂田氏のアテリアだとは 知らず。
すべてを ほうりだした あとに 訪れたこの空氣。
その贅沢な空間に ぽっち ぽっ。と
数点展示されている。

ただ 在る。 ことを
放棄したあとに残った

それでも どうしても 伝えたいことが 在る
者だけが 意志だけで 繋いでいるものの姿だった。


私が 忘れえぬ作品ひとつ・は。
見た目では 
泥臭いくたびれた帽子が細永い鉄の杭にひっかかり
天も空も いっそ忘れ去られてゆくのだろう。

な 佇まいのもの。

。。。けれど その作品を 
数時間眺め黒炭でデッサンしていると

ひょいとかけた 革製の中折帽。 が。
時間。待ち人。期待。嗚呼。過ぎゆき多くのものらを
受けとりながら ただ ある姿の。 

その先。 

だった。ことに 
ふっと 移行してゆく
時間を 生み出していることに 氣づく。


説明しづらいのですが。

時間の経過を しっかりと含んで くれたものらは。
こうして わたしたちに
ただ 在ることの意を教え、
そして ただ在ることの 意を投げるのでした。

そうして。
投げられた問いに。

時間は 美しい。  と 返答したのでした。

時間というものを知らないわけではなく。
容認したわけではなく、
ただ 単純に。

その 帽子の在り方に打たれてしまっただけでした。
それ以外 答えるすべを知らなかったのでした。

asitis.jpg

その先を。。



「すべてをままに 含むもの。」 
as it is 私はそう。詠みます。


ハンナが しっかと観てくれた
その世界は。 私の知る由もなく、
壮絶な空閉だったことでしょう。
こうした 想いを 緊急に受け取り続け共にあう
手段もあるでしょう。
けれども こうして すこし猶予を含んだわれらは
あたらしいまなざしで 
常に 引き受け
時間という機会に委ねながら
観続けることを しようと想いました。

そして 陽のあたる 時をまつことにしました



あなたが 開いてくれた 扉を。
わたしたちは まだ。

疑いながら。

それでも 前を観て 進んでいるのだと いうことを。

その返事の かけらを
やっと。

 届けることができるのでしょう。



ふわらと浮かんできたことの ひと~つに。
感謝。  




as it is古道具坂田
just as it is  そう。このまま。



2013_11_01

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top