出雲大社


いづもは すてきでした。

idumo1.jpg
idumo2.jpg


いろんな地へと引き寄せられるように
訪れては 出会い繋がる
そして 放つ。 
ということを繰り返している。

その地の記憶。
誰かの。わたしの。 。記憶。


常にあたらしいわたしは
あらためて
そうしたいろんなものらと 向き合いながら 
交歓していく。
称賛してあるく。

そうしたことが
わたしというわたしを
通してなされているのかもしれない。

そう想うと
とてもうれしくて。。

idumo5.jpg



よろこびでいっぱい包む。
この身体も。この大地も。

ありがとう。

いつでも。





出雲大社から海へと続く道を
まっすぐあるく。

稲佐の浜に 弁天島(弁天岩)がある
毎度のことながら
旅前の事調べはしていない。

砂浜に寝そべり
ただ 漣を聴く。


たくさんの存在が
何かといつも ひきかえに
してこの地を踏んできた。
でも それはいつの世も。
そうだったように。
常に常に あたらしい波が寄せては
ひいてゆくように。

クリアになっている。

だから 何にも心配しなくていい。






弁天様とトヨタマヒメは同じエネルギー。
わけることもなく。
海の。
ただ海の生命の記憶を
まるめたまんまるの玉。

地球そのものだな。




なんて想いながら

我家の 精霊ふたりの凧揚げの風景を
感じている。





怒涛の2013年はいつも
響いていたあの声も・

いつのまにか
聴くことも。しなくなった。
今は囁きもない。

とても静かだ。


尋ねればいつだって。
答えは在る。
聴きたいことは。
今は。 

ないんだ。


それが 2014年のはじまり。 笑


午年年人。
どうぞお手柔らかに笑
序奏くらいは Andanteでよろしく。



2014_01_07

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top