調律

category: 日々  

小さいころから
ぴあのの調律の音を聴くと
ここちよく。ねむーくなってしまう。

なぜだろう。

140125.jpg


ぴあのに限らず 
西洋的な音つくりは、
ドといえば ド。
Cなら ツェー。
基準となる音がありそれらは奏者に異なるが
均一に音楽されてゆく。

もちろん和楽器や民族楽器にも。
龍笛や尺八でも イロハがあるけれど、
微妙なほんとに微妙な 
湿度や温度によって
全体的に変化していても。
あたりの空氣が含まれて 調和してゆく。

音が 揺らいでいる。


遠くで聴コエル。


楽器によって。
聴かせどころはいろいろだから。
たのし。







ぴあのの調律の音は


音と音との間の 音があって、
その間を小舟のように ゆられて
まんなかを 決めてゆく。



音を探す 音。


は 
わたしたちの中にあるものと
共鳴しているのかもしれないな。


常に鼓動し、
震えているわたしたち。



楽器のよう。

2014_01_26

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top