春分

category: 日々  

春分今宵は

gocooのlive
豪華絢爛!春爛漫でした。
いつもありがとう。 
最高でした。



星詠みの世界で 春分は
太陽がゼロ度 春分点を通過する日。
いわゆる またお正月。笑
国民的には 
自然をたたえ、生物をいつくしむ祝日 だそうで。
あんまり認知されていないかも。

すてきな記念日だ。



ここ数日も 全速力で走っていたが
ワープしている感覚が強い。笑
どこいって還ってきた? 



★★★

春分 ここからは。
すべての存在の 
心身の調整期間。草や木もみな。


この トキ を 
へんてこりんな強制器具など
つけずに
何ものにも 縛られることなく
はかることもなく


ちょっと ひとりふわらと してみよう。

今までにないほどに 心細いかもしれない。

でも 大丈夫・ 
それは 浮上してきた 上辺のみ。


自分なりに 味わう。 


そしてまた 
ふっと氣づいたら 
時計の針が進んでゆきますよ。 



★★★

バランスを崩しやすいけど
それも いい感じに。
ゆっくり。ゆっくり。





★★★
どんどんと解凍されていく日々に
3月6日だったかな。今回
けっこう大きなものがみえて。

魂の声として
今まで自分の中にもち掲げてきたテーマ。
ともしびのようなもの。
それを
自ら その松明を吹き消した瞬間だ。

わたしは 今まで 誰かを救うために。
助ける為に 
ずっといろんなものを選択してきたように想う。
そんなこと言うと すげーいい人のような
観じになってしまうが、
断じて そうではない。

過去世という設定で
叶えきれなかった 想い。無念の想を背負うていた。
救えなかった人がいたんだ。
その己を責めて
いつも誰かが眼の前で困っていたり 泣いていたり。
多くあって やらねば!今 ゆかねば!
という世界で いきていた。

ヒーリングという道を選択したのも
ほんとうに自然なことだった。



けれど ここにきて
本当に 救うべき存在など あるのかどうか。
手放せない魂の叫びが 
うみだしている世界にすぎないのではないか。


そんな
問いかけに。。。。 困惑した。


そして

「わたしは もう 誰のことも救わなくてもよい。」

という 言霊を発して
この問いを 完了したのだった。



しばらくは そっか~。
今までのすべては 
では なんだったのだろうか。
あれもこれも 
ただそのことだけで突き動かされてきた道だった。


空っぽのぽ に なってしまった。



その感覚が己を 通過してゆくのも
少ししんどかったが 何しろ空っぽのぽ だったので

通過も何もない。



自分で決めたんだから   いい。


そうして数日ひきずって暮らし
黒板に描かれてそして 消えた。



軽やかになった わたしは

お寺さんでの草刈り中も
空がおおきくて とてもひろくて。

鎌を片手に 
くるくると踊っていたのを 

友人達は 目撃している笑




だからといって
日常は なにもかわらない。

だけど 
すべてがかわってしまった。 
そんな あたらしい感覚。



春分前の身支度でした。


長くなってしまったよ。 
それでは また~。














2014_03_22

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top