category: 日々  

 芯地のアイロン貼りは 苦手でした。

今朝から
御直し、劣化したニット地の 穴を補強すべく、
びよ~んと伸ばしたり
穴をすかしてみたりと。
伸縮性に関して 考えていました笑

新世界に入り、
芯地をぴったりと 密着させるのが上手になりました。
これには驚きです。(ほんとか!笑



。。。そんな手仕事を
朝からしていたもので、
久しぶりの星友との星旅行でも
辿りついたのは。こんなところ。
 

きらきらクリアカラーな空間が
100% 密でとろろ~んとゼリー状(あんかけのよう)
になっている。
たとえば 右腕をふりあげると その空間自体も
そのように軌跡が残り、
残像が空中に残っている という?
そんなマに いってきた。

おもしろいもので
こちらが何か考えると
瞬時にそのことが 動きとしてあらわれていて
ヴィシオンと現象に時差がない。


指を開くと
指の間と間から 花火のように 場が広がってゆく。


はじめてで わくわくするような。
そんな想いだけだったので
その密な空間は わくわくが充満していた。

ただ単純にうれしかった。


星友は
ここに  はな を植えたいと 植え始めていたが
瞬時に あたり一面 
おはなばたけに なってしまったから。
ほんとに驚く。 (いっぱい植えたかったんだね。きれいだな。)


まだ ここは 非物質の世界かもしれないけれど
これは また時差すらあるが
この感覚がわたしたちのもとに 訪れてくるのは
そう 遠くもないのだと 想う。

空間がわたしたちにぴたと 密着していた。
空間にわたしたちは 溶けていた。

そんな様子を 観ると

とてもわかりやすく 
すべて なんの説明もいらぬから。

楽ちんだな。。




2014_03_28

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top