火の鳥

category: だいすきな  

雨がふったら 更新.

大掃除。  それは
いろんな方面へ よきにはからってくれる。

8年間押し入れで眠っていた
手塚おさむの 火の鳥や仏陀 の発掘。
探していた色糸の奇跡の大発見。

&某団体の発足時の会規約の紛失。(すごく必要なの探しているの!!)
その他 多くの記憶の紛失。
フィエラ行方不明。火星の歴史の喪失。
など ぎゃらくしーなものも含めて  
副産物として この手の中にある。

20150114.jpg

意志の決定方法などは もう 
忘却してしまった代表格で。。
 2015年前半に おこなう予定の  個展会場を
姫が つくったあみだくじで 決定する 
等などかなり重症である。笑

これまでも 必殺 神さまの云う通り!は使い放題でしたが。
今後はもっとエスカレートしてゆくことでしょう。
でも ちっとも 楽しい。


20150115.jpg



火の鳥。 云わずと知れた名作ですが、すばらしいです。
まだ読んでいない方は どうぞ。
この世で 詠んどいたほうがいい。

年末 久しぶりにこの本を開く前に 
古事記を詠みあさっていました。
原本は詠めぬのですが、
いろんな訳詞で 出版されていて
わかりやすいものも多いです。
神々の時代から
ピトが神を名乗る時代までが描かれていて
神社ヲタには たまりませんし、
この国が 何を大事にしてきたのか を 
表裏重奏で
余白を置いて 感じることができます。
さらに 火の鳥は まさしく その世界 や現代といわれる
ここ。宇宙のここ。未来のここ。 輪廻という綱を伝って
時空間移動を容易に
やってくれるので

なんとなく わかった氣にさせてくれます。


火の鳥詠むなら まず 古事記!→神社へgo →
神社お寺いったら 火の鳥!




火の鳥の中で 描かれている世界は
大半が 人間同士の争いや戦。奪い合いなどで、
ふっつうに どんどん死んでゆく。
一方で 永遠の命や子孫繁栄についても多く描かれており 
どんどん生産されてゆく・誕生してゆく。
生き続けている。 これがたんぱくで かわいらしい絵だから 
13巻まで詠めるものの、内容はとても de eoだ。


わたしたちは 戦いを続けている。
いつもどこかで 自分が描きだした世界と戦っている。

そろそろ もう降参してもいい。

戦争反対だ! と 鋭い意志を掲げ続けてきたわたしは
戦争をどこかでおこす必要があったのだろう。
わたしは たくさんピトを自分を殺してきたし、
いっぱい戦ってきた。

それがしたかったんだ。

わたしたちは そう したかったんだ。
それを さらっと 認めることができなかったのは

殺してはいけない。
悲しいから。いたいから。
悲しませるから。。。 本当に 恐かったから。
もう失くしたくないから。
戦争してもいい! なんて口に出して云ったら
それが 起こってしまうから。 認めたら。。。
。 そんなこと死んでも云えない。




火の鳥に浸り  火の鳥目線で
観ると 私たちの歴史 過去の作業の
ざっと 1000年くらいは (同時に未来の世界1000年分も)
おさらいできる。もっとかもしれない。
場合によっては 悲しくなるしこころ揺さぶられるが。
流血しない。

わたしは 認め方を知らなかっただけだった。
何を認めればいいのか。 知らなかったんだ。




すると


私たちは もう。 戦わなくてよくなる。

もう  いいんだ。





戦いにあきた(完了した) わたしたちは。
何を創造しようか。 

テーマ等もともとないのかもしれない。


ただ 吸収合併されてゆく。
すうーっつ と。



永くなりました。では また。
いつも ありがとう。







すぐの追記。
犬上の巻 では
天狗族や精霊がわんさか出てくる。この巻はさすがに
泣けて 泣けてしかたがなかった。
どうやら ほんとに 私は石や森達寄りらしくって。


詠んでいる最中 出雲の石が呼ぶ。

「いいんじゃ  それで。」  





はい。


















2015_01_15

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top