あげは蝶のうんこ染め

category: カラフル  

染め三昧その2。

子供たちが育てた アゲハ蝶の。
幼虫のうんこ。
いっぱい集めてくれたので 染めてみよう。


伊丹市昆虫館から出版された
むしのうんこ という本を参考にしました。みんなもちろん初体験。



さあ。さっそくはじめましょう。
水から煮出す。
弱火でふつふつなったら維持
5分くらいかな。

煎じている間 シトラスのような、すっと
甘い薫りがたちこめる。
こどもたちは くさいくさい^_^ って。
う◯こだと想うから 臭いのであって、
大人達は この薫りお気に入り。それもそのはず、 列記とした 生薬でもあるのです。

個人的には 喉のチャクラあたりに すっと広がりを感じ 自然界の循環不思議を想いました。変容のシンボル蝶の成せる技。^_^


濾して、もう一度水から煎じます。



2回分の染液に 絹布を入れ、
5分から 10分煮込みます。

鉄媒染 は木酢 酸鉄 左
アルミ媒染 はミョウバン 中央
それぞれを水で薄め 染めあげた布を浸します。しばらく置いて すすぎ完成です。
右は 媒染無しです。



アゲハ蝶のうんこ染め 完成!

※草木と違い、 幼虫さんが細かく砕いて 消化してくれているので水どけもはやいです。温度は 80度くらいまであげてみました。

とってもたのしい 機会をいただけたことに
感謝です。会場準備してくださったaさま。
ありがとうございました。

2015_03_11

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top