冒険するガジュマル

category: 空の白  

3年前。
姫と共に おそろしいくらいに
神社聖地ばかりをたずねあるいておりました。
ちょうど あの時も
奈良の天河弁財天→大神神社→
京都の鞍馬山→貴船神社→下賀茂神社!!! の
4泊のめぐりを終え、
帰路新幹線乗車券を1人分購入。
 (良い子は真似しちゃだめ。すみません。こども膝乗せ作戦。)

  「隣空席だといいな。」
  「もしくは隣の席の人いい人だといいな。」
あれだけ神社御参りした後だし 
ご利益あるだろう。。笑  と期待しつつ

乗車。
ドキドキ席を確認すると3人席に 女性&猫がいる。 

猫連れ!

神々パーフェクト!

窓側に座する女性も同意。 
猫と姫と 座席半分こで 東京まで帰りました。

車中で いろいろなはなしをしました。
絵描きさんだということ。
わたしの方は おもいっきり 怪しい装束姿でしたね。
大神神社の 龍が大きかったよ。
等と初対面でしたが
さらにあやしい話をしながら 楽しい時間を過ごしました。

&家が近所だと判明。

龍がつないでくれた 
ご縁をにぎりしめて
このめぐりの旅のつづきを
感じずにはいられませんでしたね。


。。。

あれから。
もう3年。

龍旅の終わりに(あらたなはじまりに) 
出会った AYUKI と一緒に
作品展をすることとなりました。
出会いは 偶然ではなく
ちゃんと劇的に図られて ギフトされるものだと思います。

旅中に会うものすべてが 
新鮮に。鮮明に記憶されるのは、
日常から飛び出し
まっさらなこころもちで 
すべてをみることができるからだと思う。

まっさらら な状態で出会うものは
きっと わたしにとっても どこかで会うあなたにとっても
きっと 大切で己の核部分を映し出した 
わたし を発見することに
なるのだろう。

だから。


空の白

たくさんの龍。自然界のエナジー。
神さま達も 楽しみにしてくれていると 知っている。
わたしたちが こうして今同時に生きていること。
森羅への感謝と敬意を。 
つくりだしたものすべてに その ほのおを 乗せて。


201504192304467aa.jpg

先日引いてもらった 日本の神託カード。
「冒険するガジュマル」
私たちは樹のように大地に根付くもの。
私たちは旅する樹。樹でありながら 自由です。
ありとあらゆるところへと 根を張り 枝を伸ばし
喜びを交歓してゆきます。
自由と安定は わたしにとっては同じです!


と。
ここ数ヶ月の変容フェス終焉の鍵となるメッセージでした。
まだまだ がむばって 宇宙大地と繋がろうとしていた。
不調であればあるほど、
それ(ぐらうんでぃんぐ)が正しいのだと思っていた。

ひとつの星や土地にアースし、
この生を構築してゆく人もいるだろう。
でも わたしには それは 難しいことだった。

体質が変容しても
foolなのだ。
ガジュマルのように ざわざわと大所帯になってしまうけれど、
遠慮なく果てなく
全部と繋がっている自分で いいのだと知る。

吟遊詩人は また あらたな旅に呼ばれているのだと 
氣づいている。    いってきま~す。




そんな旅のつづき の空白。


空の白展は、
草木染め作家なのに 染めない!という 未聞。笑

空白の衣をカンバスに
銀河文様を 描いてゆきます。
どうぞ 身体に。こころに纏いたのしんでくださいませ。



長文になっちゃった。
いつも 読んでくださって ありがとう。 


2015_04_19

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top