かもしれないの空 ➕




姫が 青い顔して下校してきた。

おっ。何かあったな。
聴いてみると、

我が家から持っていった
アゲハの幼虫が 羽化したけど、
雨模様だった為 飼育箱で そのまま
月曜まで3泊させる。
という選択をみんなでしたのだそう。

ちょこちゃん 死んじゃうよ。

雨でも 大丈夫だよ。と。
自分の(フェアリー的)意見も 伝えたそう。
だけど
みんなで 出した答えだから。
仕方が無い。と云いながら 先生に電話する
迷惑な保護者笑 やさしい先生すみません。
砂糖水を与え安静にするらしい。。



そんな時。
私たちぴとは 布団かぶって寝るしかない。

目覚めたら。

イメージするのだ。



世界は 変えられる。
どんな 道を辿ったとしても。
描いた世界に いる。


たとえば
決まりきった 事項とか。
運命を操作することに
なるかもしれない。とか。
引き寄せ。とか。

そんな風に 丁重にせずとも
ナチュラルに。

私たちは いつも 毎瞬。毎旬。
「かもしれない。」 を発動して生きている。
考える間もなく。流されている。
ひとつを選ぶ為に 他を消すこともない。
いくつもの かもしれないがあるのだから。



ショックなことが起こった場合。
なかなか難しいのかもしれないけど

自分が 発動している
かもしれない。 をよく観て
整理することで、
余計なこころ配りをしなくてよくなり。

すっと。
すっかりと。

自分から 不要な かもしれない。
が消えてゆく。

死んじゃうかもしれないなら。
生きて 翔びたつ姿を みんなで
見送ることだって できるかもしれない。


今。 何も決まっていない。
今。 何もかも あるのだから。


どちらの 世界を 描いたって。
いいのだ。生きたい世界にいるだけ。

私たちができることは
観たい世界を 観るだけ。
そして 観たものを 観たままに。



砂糖水が ちょこちゃんの
大好きなお花の味になる。
それから。
みんなで 翔びたつのを
お見送りしてる景色。

欲張りでもいい。イメージできた!
空白の3日間は お任します。




20150624091207ebe.jpg


月曜日。
爽やかなハレの空。

ちょこちゃんは みんなに見送られて
自由に翔びたちてゆきました。


うれしいね。
夏至の。
精霊からの メッセージでした。





追記。
mさまありがとうございます。
そう。これ全部がちょこちゃんでした。
感情的に観じることの。
世間バテ気味な私たちへの。
贈り物でした。




このいろのわブログを綴るきっかけは
まさに ちょこちゃんで(アゲハ蝶)。
多重次元に存在することを 教えてくれたのも
ちょこちゃんでした。
私たちは 確かに多重レンズに
うつりますが 考えようとすれば
混乱してしまう。
そうなんだ。 と 観るだけ。
























2015_06_24

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top