茜染レシピ +

category: カラフル  

すみません。
業務連絡です。
必要な方はどうぞ。
下記は いろのわ流です。



おはよう。
茜染。染め日和!

201506250958488e1.jpg

茜染手順。


-0 乾燥茜を水に浸す
3時間から一晩
水量は茜ヒタヒタくらい
0 + 下処理した布を水に浸し
染める少し前に 脱水しておく

1 火にかける
茜を水から煮出す

水量は茜ヒタヒタより多く。
中火→ ふつふつしたら→弱火
20分くらい 水分飛すぎたら水差す
※温度あげすぎない。

2 ざるで濾す
煮出した染液を 濾し他の鍋に移す

3 1と2 のセットを4回繰り返し
4回分の染液をひとつにまとめる

4 3の染液に 布を入れ火にかける

中火→ ふつふつしたら →弱火
約 20分 気分で。

5 火を止めて 冷ます
煮物と一緒で 冷める時に
色をぐっと吸い上げるから。
※2時間から 一晩置く人もいる
お任せ^_^


6 媒染液をつくる
分量分の ミョウバンを
少量の湯で溶く。
溶けたら布が浸るくらいに水を
足して薄める。

7 媒染する
染液からひきあげた 布を
媒染液に入れ 布をくりながら
さわさわする。
※布がまだ熱いので気をつけて!

色が変わるのを 楽しむ。
およそ 20分くらい浸す。

8 布を軽くしぼり
4 5 7を繰り返す。
※媒染液は必要ならまたつくる
同じものに足してもよし。

9 すすぎ
たっぷりの水で すすぐ。
※偏りすぎたら PHをもどす為に
酢酸を微量入れるけど 今回は
晒しなので ふつうの水で。


10 干す
おひさまにみせた後 日陰干し 。


一巡り おしまい。


この工程を 西洋茜とインド茜
両方かけて あの色でした。
あれから もう一巡り
インド茜を かけています。
枯らし熟成の時間がないので
どこまで 堅牢するか未知ですが、
きれいな色に 染まっているので
わたし的には うきうきふーっ気分です♪

くちなしは
様子をみて 重ねましょう。

いろのわ染め部のみなさま。
たのしんで くださいね。




追記

あまりにもこまかに記した為、
難しいかんじになったかならないか。^_^
あくまで 基準に。
毎回 手順伝えるより、
おおまかに一度流れを観たら。
あとは、

瞬間瞬間に
素材と向き合う使事だと思っています。
時間等は 草木の声聴き
それを聴く耳を 信じるだけ。

氣ままに。


みなさま。ありがとう。














2015_06_25

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ilonowa

Author:ilonowa
いろのわ kuu
この世界は色彩々に満ちている。
日々 
いろあそび 
ひかりあそび

カラフルな色光は 
無限の風に舞う。

草木で染色・
ひかりの衣・
舞台の衣装を創っています。

こども魔法学校 主宰。
龍岩笛 奏者。



ありがとう。

最新トラックバック




page
top